スポンサードリンク

中山秀征がつまらないと言われる理由は?性格や子供の内容を調査!

%e4%b8%ad%e5%b1%b1%e7%a7%80%e5%be%81%e3%80%80%e3%81%8a%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%b3%e5%ad%90%e3%80%80%e7%86%b1%e6%84%9b%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%ab

 

こんばんはJINです。最近になってようやくピコ太朗を知りました(笑)。かなり遅いですよね。つかイタリアバージョンのPPAPをこの前聞いたんですが、あの曲をバラード調にアレンジしたもので、ちょっと感動さえしちゃいました。音楽ってやっぱりスゴイ!wさて、本題に入ります。20年以上長いキャリアを誇りながらテレビに出ている「ヒデっちゃん」ことタレント・司会者の中山秀征さん。結構情報番組やバラエティ番組に出ている方で、司会者というイメージですね。そんな中山さんですが、ネットでは「つまらない」というワードが。へぇ~どういうことだろう?とちょっと気になったので、ご本人の性格やお子さんと合わせ、世の中の声を調べてみました。

 

Sponsored Link


 

まずは中山秀征さんのプロフィールがこちら!

 

プロフィール

 

default_818c48ae7637a463902ba2e49065ac47

名前:中山秀征(なかやまひでゆき)

生年月日:1967年7月31日

年齢:49歳

身長:172m

職業:タレント・司会者

元職業:お笑い芸人

 

経歴

 

多くのバラエティ番組の
司会を担当され、
昼番組「DON!」や
90年代にヒットした音楽番組
「夜のヒッパレ!」のアシスタントなど
まさにバラエティの顔として
今も活躍している中山秀征さん。

 

筆者も中山秀征さんといえば
夜のヒッパレのイメージですね。
安室奈美恵さんや
知念里奈さんなど、
沖縄アクターズスクール出身の
アーティスト達と共演し、
彼女達にしたら
若手時代にお世話になった
お兄さんといった感じでしょうね。

 

hqdefault

安室奈美恵さん&中山秀征さん 

 

嫌味がなく、明るい口調で
ヒデちゃん」の愛称で愛され、
親しみやすい姿が好評となり、
世界丸見えやTVおじゃマンボウなど
数々の人気番組に
出演されていました。

 

news_thumb_nakayama

 

でも、筆者今回、
調べてみて驚いたんですが、
プロフィールに
元お笑い芸人」とあります。

 

えっ!?
ヒデちゃんって
お笑い芸人だったの!?

 

詳しく調べてみたところ、
もともとは俳優を志して
芸能界に飛び込んだそうですが、
現在、小説家をされている
松野大介さんという方と
1984年にお笑いコンビ、
ABブラザーズ」を結成され、
芸人活動されていたようです。

 

翌年の1985年には
小堺一機さんが司会を務める
「ライオンのごきげんよう」に

アシスタントとしてレギュラー出演し、
ラジオ番組もスタート。

 

hqdefault-1

 

当時の10代を中心に
人気を博したそうですが、
同番組を降板後には、
徐々に出演番組が減り、
結果、双方の将来への
方向性の違いより、
活動は自然消滅していきました。

 

もともとは俳優を
目指していた
中山秀征さん。

 

芸人という職業に
強いこだわりはなかったのでしょう。
その後、タレント業、司会業と合わせ、
徐々に俳優としても
テレビに出るようになり、
マルチに活動されるようになりました。

 

そういえば、筆者も
子供の頃にあるドラマに
シリーズ出演している
中山秀征さんを覚えています。

 

デパート夏物語」という
高嶋政宏さん主演の
デパート店員の話で、
ヒロインに西田ひかるさん、
共演者には小林稔侍さんなど
今振り返るとかなり豪華キャスト。

 

title-752

正式続編の「デパート秋物語」

 

このドラマで中山秀征さんは
主人公の高嶋さんのよき同僚
よき友人として、出演されてました。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

 

ただ、俳優業としては
これといった大きな役ではなく
どちらかというと脇役・サブ役など
引き立て役として出演されてることが
多かったようです。

 

とはいえ、そのドラマは
爆発的視聴率を博した
「東京ラブストーリー」や
「静かなるドン」など、
有名どころも多くありました。

 

現在は俳優業は
数年に一度、単発ドラマなどに
出演する程度でされており、
主に司会業の方が
メインとなっています。

 

今も爽やかですが、
昔はめっちゃかっこよかったです!w
正直、小学生だった筆者も
こういうかっこいい人に
なりたいなと思ったものでした。

 

390255498-2

若かりし頃の中山秀征さん

 

見た目はかっこいい。
でもそのキャラクターは
親しみやすく、時には
コミカルで明るい。
そういった姿が
若い女性を中心に
人気を得ていたのでしょう。

 

つまらない理由とは?

 

さて、そんな中山秀征さんですが、
ネットでは「つまらない」「面白くない」
というワードが上がっています。
その理由として、もっとも
挙げられているのが、

 

「これといった
特徴がない」

 

ということでした。
現任のように爆発的に
面白いことを言うわけでもなく
こつなくこなす感じというのが
印象としてあるようです。

 

11

 

なるほど。確かに筆者も
中山秀征さんを思い出した時、
これといって、思い浮かぶ
才能というか、持ち味というか、
そういうのは思い当たりませんでした。

 

例えば、ドリカムの
吉田美和さんで言えば、
「歌がとんでもなくうまい」、
有吉弘行さんで言えば、
「毒舌キャラ」。

 

a2c5e42201a7e386a9fd1ff9431bce9b_13871

有吉弘行さん

 

芸能界とはその名の通り、
「芸・能」を売りにする世界。
自分の才能を武器にして、
生き抜いていく世界です。

 

そういう意味で言えば、
中山秀征さんの場合は確かに
特別演技力があるわけではなく、
格段のお笑いセンスが
あるわけでもありません。

 

そういったところから
「つまらない」「面白くない」
という印象を持たれるように
なっていったんでしょう。

 

でもね、筆者思います。
それこそがある意味では、
中山秀征さんの
最大の武器なんじゃないかと。

 

2026661_201307160135767001373980216c

 

中山秀征さんの場合は
浅く広く、才能を
持っているような気がします。

 

俳優業をさせれば、
特段すごくうまいわけじゃないけど、
別にヘタとも思わない
演技力を見せてくれ、
バラエティ番組にしても、
爆笑させるほどのお笑いの
センスを持っていないけれど、
サブ的ポジションから
番組を盛り上げたり、
共演者とのカラミも上手です。

 

これって、実というと、
ものすごいことでもあると
筆者は思います。

 

例えば、司会業。
これって実はものすごく
難しい仕事なんです。

 

筆者も以前、あるイベントの
司会を任されたことがあったんですが、
見るのとやるのとではまるで
わけが違いました。

 

頭の中で進行を考え、
周囲の人達の動きに
常に目を配り、
場の空気、盛り上がりに
応じて、臨機応変に
対応しなくてはいけません。

 

peo1308070737000-p2

 

番組やイベントというのは
生かすも殺すも
司会者の腕にかかっていると
筆者は思います。

 

例えば、結婚式の司会者でも
その人の力量で
会場の空気も変わります。

 

これといった
特別な力はない。
でもどんなジャンルでも
それなりに良い」結果を
出してくれる。

 

それが中山秀征さんの
強みだと思います。
逆にどれか一つに絞った
特別な力がある場合、
芸能界ではその印象が
強く残ってしまい、
他のジャンルの仕事が
きにくくなるケースもあります。

 

%e4%b8%ad%e5%b1%b1%e7%a7%80%e5%be%81%e3%80%80%e3%81%8a%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%b3%e5%ad%90%e3%80%80%e7%86%b1%e6%84%9b%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%ab

 

どのジャンルの仕事でも
60~70%の出来栄えの
仕事をしてくれるとなると、
テレビ局側としても中山秀征さんを
使いたいと思うでしょうし、
何より安心して起用できます。

 

そう考えると筆者は
中山秀征さんという人こそ、
ある意味では芸能界で
長くやっていける人材だと
思えます。

 

もちろん、一つのジャンルに
特化した芸能人でも
長く活躍されている方もいます。

 

松本人志さん、安室奈美恵さん、
桃井かおりさん、本木雅弘さんなど、
俳優、歌手、お笑い、それぞれで
ずっと活躍されている方もいますね。

 

nakayamamatsumoto131009-300x237

 

でもそういった人というのは
芸能界の中でもほんの一握りで、
中山秀征さんのように
マルチに活躍できる方が
芸能界では生き残りやすいのかも。

 

性格や子供について

 

マルチな才能をもって、
あらゆるジャンルで
20年以上にわたって
芸能活動を展開している
中山秀征さん。

 

default_b4a5d6cea3ca2daba7b9fe61da6ec9ea

 

さて、そんな彼の性格ですが、
前述のように、テレビでは
非常にコミカルで、でも
情報番組ではきちんとした
意見も言える人です。

 

実際、共演を果たした
他の芸能人の方々の
中山秀征さんに対する
意見を調べてみたところ、
イメージ通りの方のようでしたw

 

そして、何よりも
中山秀征さんの性格で、
「さすが、長いキャリアがあるわけだ」
と思えたのが、その気配りでした。

 

中山秀征さんと
番組で共演した方が
必ず口にしているのが
気配りができる」ということでした。

 

まだデビューしたての
芸能歴が浅い若手には
不安や緊張感を取り除くように
収録前に気さくに声掛けをしたり、
現場でも軽いジョークを入れたりして
なごやかムード作りを
される方のようです。

 

いわゆる、ムードメーカー
という性格の方のようですね。

 

bio_img_radio

 

そういえば、以前、
前述の夜もヒッパレでかつて
共演した知念里奈さんが
バラエティ番組で
中山秀征さんに
過去の失礼を謝罪するという
内容がありました。

 

534da315

知念里奈さん

 

共演から10年以上
経ったにもかかわらず、
それをずっと申しわけないと
思っていた知念さんも素晴らしいですが、
やはりそう思わせる
中山秀征さんの人情というか、
器の広さも伺えた内容でした。

 

05410408532d62596a0a3f045da3e615

共演時代の二人

 

筆者、思います。
芸能界って確かに
ライバルだらけの世界で、
明日はどうなるかわからない世界。

 

故に「ライバルを蹴落としてでも
のし上がれ精神」でないと
やってはいけない世界です。

 

でも、同時こうも思います。
どんなに才能があろうが、
どんなにカリスマ性があろうが、
周囲の人ときちんと
コミュニケーションが取れない、
周囲に対しての気配り、思いやりを
持てない人というのはやはり
自然と干されていく世界だと。

 

images-1

 

例えば、女優にしても、
ドラマ1つ作るのに
莫大な人数が関わります。

 

監督、スタッフ、共演者、
プロデューサー。
それぞれのプロが力を合わせて、
1つの作品を作っていきます。

 

その為、周囲ときちんと
やり取りができない、
わがもの顔になってしまう。
そういう人というのはどうしても
いずれが消えていく、
そう思うのです。

 

芸能界もまた、人間社会。
そういった意味では、
周囲に対して、
きちんとした気配りができるというのは
また一緒に仕事がしたい」と
相手に思って貰えるでしょうし、
中山秀征さんの場合は
そこを若い時代からおそらく
ずっと大事にされてきたのは
ないでしょうか?

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

また、プライベートでは
元宝塚女優の白城あやかさん
ご結婚されており、
なんと4人ものお子さんが
いらっしゃるそうです!

 

全員男の子で
長男はすでに高校生。
みんな野球をしているんだとかw

 

0237-23

奥さんの白城あやかさん 

 

プライベートでも
休日は家族サービスしてそうな
良いお父さんのイメージが
ありますね。

 

筆者もん自分が子供で、
こんな爽やかなお父さんだったら
結構自慢になっちゃいますw

 

不思議と、個人的に
中山秀征さんはまったく
芸能界引退とか、人気の減退とか
そういうのを感じない人なんですよね。

 

g2003071502hide-s

 

現在49歳。
でも50代60代を迎えても
今と変わらない「ヒデちゃん」で
長く愛され続けていってもらいたいなと
改めて、今回思いました。

 

image

 

これからもぜひ、
そのキャラクターで
いろんな人に愛される人で
いてほしいと思います。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す