スポンサードリンク

まこと(シャ乱Q)の田舎生活がヤバイ!こだわりが強い?家を紹介!

2060235_201510040360378001443902421c

 

こんばんはJINです!90年代に大ブレイクしたビジュアルバンド「シャ乱Q」。そのメンバーだったまことさんですが、現在ご結婚されて、田舎暮らしをされています。しかしそのこだわりがかなりスゴイことになっているそうですwご自身のごだわりを詰め込んで建てた家と共に、更にはヴォーカルつんくさんへの想いなど、その詳細を見ていきましょう!

 

Sponsored Link


 

田舎暮らしを満喫のまこと

 

ビジュアルバンドのメンバーで
都会的イメージのある
シャ乱Qのまことさんですが、
現在はなんと田舎暮らしを
満喫中とのこと!

 

現在48歳と聞いて
驚きました!まこっちゃんも
アラフィフなんですねw

 

悠々自適な田舎生活で
充実しているんでしょうね。
と思いきや、奥さんの
元女子アナの富永美樹さんが
色々と告白してくれています!

 

山梨県河口湖に
移住したお二人。
2017年の地方移住ランキングでも
1位を誇る場所です!

 

二人でデザインして作った家には
表札に美樹とまことの「M」の文字!
ウッドタイプのシャレオツな家です★

 

IMG_2842

 

まず、まことさんの
日課となっているのが薪割り!
「ボタンひとつで何でもできる現代だけど
まずは燃料を!」」といっていますw
一日の大半を薪割りや
庭いじりに使うそうです。

 

IMG_2853

 

そして家に入るとまず洗面台。
外で動くことが多いため
すぐに手が洗えるように
入口に設けたそうです。

 

IMG_2845

 

そして家にはカーテンなし!
風通しの良い作りになっており
夏でもエアコンいらないそうですw

 

また、テレビは置かず、
薪ストーブがあるリビングでは
それを一日中見ていられるとかw
さ、さすがです!まこっちゃん!
ちなみに最近の趣味は木工アート!

 

IMG_2850

まこっちゃんの作品ww

 

そして日課になっている庭いじり。
まこっちゃんの作る庭はその名も
樹海の渚」www

 

機械でやるとゴルフ場みたいになるので
あくまで手を使って刈った不規則な感じが
大事だそうです。

 

IMG_2847

 

すると近所の農家さんから
とうもろこしのおすそ分け!
これも田舎からではの
光景ですよね☆

 

IMG_2851

 

そしてその樹海の渚で
恒例のバーベキュー★
夫婦そろってとても
楽しそうに暮らしています。
ちなみに東京の家も
残して、田舎暮らししています。

 

まこっちゃんの真意

 

「東京にしか家が無かったら
おそらく崩壊していたと思う。」

 

それまで楽しそうに
和気藹々としていましたが
突然まこっちゃんの顔がシリアスに!
一体何があったんでしょう?

 

まこっちゃんって結構
天然なイメージもあり
朗らかなイメージですよね。

 

しかしミュージシャンとしての
こだわりもある方でとにかく
繊細な方のようです。

 

何故、田舎暮らしを
選ぶことになったんでしょう?

 

IMG_2846

 

奥さんである美樹さんは
フジテレビの看板アナでしたね。
その後、同局を退社後
まことさんとゴールイン。

 

489.H

 

しかし、当時、大人気で
多忙を極めていたシャ乱Q。
交際中だったまことさんは
「付き合っても一年の3分の2は
会えないかもよ」と告げると
そんなまことさんを支えるべく、
美樹さんはアナウンサーを辞め
専業主婦になったんだそうです。

 

普段、都会で華やかな世界で
仕事をしているまことさん。
プライベートではアウトドアが
デートのお決まりだったそうで
田舎が好きな彼の意外性に
驚きもありつつ、嬉しかったそうです。

 

しかし、結婚から僅か2年で
シャ乱Qが活動休止に入ります。
その後復帰を果たしますが
全盛期と比べて、圧倒的に
CDセールスやライブ数も激変。

 

images (6)

 

対照的に音楽番組ではなく
バラエティ番組への出演が
増えていったまことさん。

 

がむしゃら感こそなく
落ち着いたけれど、
やがて、彼の中で
葛藤が生まれていきます。

 

「先のことが分からない」

 

漠然とした不安が
まことさんの中によぎり、
次第に心のバランスを
崩していくようになります。

 

日に日に元気を
失っていったまことさん。
やがて、まことさんは
何故か、クラシックばかりを聞くように。

 

それは自分のやっている音楽とは
違うものを聞いている。
まるで現実逃避しているような
そんな雰囲気でした。

 

「自分が一番やりたいことができない
何を目標にして生きればいいのか?」

 

それは明らかに何かが
まことさんの中に起きている
そんな異常事態でした。

 

そんな姿を見た妻、美樹さん。
そして彼女はひとつの
大きな決断をします。

 

ac2e3d98ac1077ae0bb46d849bca945e

 

「東京を離れよう」

 

かつて、デートで
アウトドアにいくと
よく笑っていたまことさん。

 

夫の笑顔を取り戻すべく、
美樹さんは田舎暮らしを決意し
こうして現在の二人に至ります。

 

その際、東京の家のローンもあり、
貯金は1カ月分の生活費を残して
全てを投げうって、現在の
田舎の家を建てたそうです。

 

IMG_2852

東京の自宅

 

そして、そのおかげあって、
徐々に自分を取り戻していった
まことさん。

 

「妻の行動が支えになり
浄化にもなった」
そう話しています。

 

つんくへの想い

 

最後に、そんなまことさんが
ヴォーカルつんくさんへの
思いを語ってくれました。

 

2014年んい喉頭がんが見つかった
ヴォーカルつんくさん。

 

AS20151228001211_comm

 

それは本人だけでなく
家族、更にはバンドメンバー、
バンドメンバーの家族にとっても
大きな事件でした。

 

ようやくまことさんが
自分を取り戻しつつあった矢先の
この出来事。

 

苦楽を共にしてきただけに
まことさんもこの時ばかりは
涙が止まらなかったそうです。

 

「自分の人生を捧げてきたシャ乱Q。
それが見えない何かに
蝕まれているような…。
未だに受け入れきれてない
部分はあります。」

 

ダウンロード (2)

 

妻、美樹さんは今
こう振り返ります。

 

「あの時に山梨の家が
出来ていたことが本当に良かった。
あれが夫を助けてくれた。」

 

まことさん自身も田舎で自然に触れ、
都会にはない人の温かさに触れ
自分を取り戻せていきました。

 

「都会ではこう見られたいとか
こうなきゃいけないという
取り繕っていたものが取れた。
呪縛を解いてくれた気がします。」

 

確かにかつてテレビで観ていた
まことさんとは違って
とても自然体で楽で
そんな雰囲気がします。

 

全盛期の頃は
どこか緊張しているような、
きちっとしているような
そんなイメージがありましたが
こんなにフラットで
軽い心で生きているんだなと
羨ましくもなりました。

 

そう振り返ると
これまでの良かったことも
悪かったこと、辛かったことも
全て、糧になっているように思えます。

 

170306_1

 

妻、美樹さんの献身的な
支えも本当に素晴らしいですね。
本当に素敵なご夫婦だなと思いました!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す