スポンサードリンク

ハコビジョンで3DやCGが簡単に!スマホで見れる?価格は?発売日は?

ハコビジョン

最近、東京駅公舎や国立博物館に3D映像を投影する「プロジェクションマッピング」が話題ですが、それをスマホで見られる「ハコビジョン」というツールが発売されます。スマホでどうやるのでしょう?価格はいくらで、発売日はいつなのか、内容と共に見ていこうと思います。

Sponsored Link


 

ハコビジョンの概要

発売元:BANDAI

種類:食玩(ガム一個付)

内容:スマホ使用で箱の中に3D映像やCG映像が映し出される

 

作り方&スマホの使い方

「ハコビジョン」はガム付きの食玩で、紙でできた手のひらサイズの箱です。中を切り取って、同封されているフィギアを置き、更にクリアプレートを上からななめに貼って組み立てるようです。

 

説明

 

組み立てたら、同封されている「二次元コード」というものをダウンロードし、スマホを箱の上に乗せると、箱の中で、3D映像やCG映像が映し出されるとのことです。

 

説明2

 

実際に映像を見てみましたが、東京駅公舎で見たあの映像とそっくりなものが、手のひらに乗せた箱の中で観れます。これはかなり感動しました!!

 

価格はいくら?種類は?

価格は「525円」とお手軽!種類も2パターン発売とのことです!しかも内容というのがまさに、①昨年2012年、東京駅公舎で行われた3Dプロジェクションマッピングイベント作品『TOKYO HIKARI VISION』と、②今年2013年、国立博物館で公開された『KARAKURI』の2つだそうです!!

 

どちらもすごい人混みでしたし、東京でしか公開されなかったので、あきらめて見れなかった人も多いのでは?それが手のひらサイズで見れるとは嬉しいですね!

 

発売日

発売は「2014年1月27日」とのことです。食玩なので、スーパーやおもちゃ屋さんはもちろんのこと、コンビニなどでも手に入るでしょうね!来年の春には、また新種類を発売するとBANDAIは発表しています!

 

 

実際に見ると、一体どんな映像なのか、すごく楽しみですね!!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す