スポンサードリンク

篠原涼子は元芸人?生い立ちは?子供の名前は何で学校はどこ?

篠原涼子

2005年に市村正親さんと結婚した篠原涼子さん。そんな彼女はなんと元芸人だそうです!しかもあの大御所芸人と一緒にお笑い番組に出てたとか!一体どのようにして今の大女優までの地位を獲得したのでしょう。早速見ていこうと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link


 

まずは篠原涼子さんのプロフィールから見ていきましょう。

篠原涼子

名前:篠原涼子(しのはらりょうこ)

年齢:40歳 身長:162cm

出身:群馬県桐生市

代表作:「アンフェア」「ハケンの品格」「anego」など

芸人時代

1990年に「東京パフォーマンスドール」のメンバーとしてアイドルデビューした篠原涼子さんですが、翌年、バラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演し、様々なコントに出演しました。

 

ダウンタウンの二人にバンバンしばかれたり、無理矢理キスをされたりと、今では想像つかないような汚れ仕事も笑顔でこなしていました。その嫌がらない姿勢が好印象を持たれ、徐々に知名度を上げていきました!

 

篠原涼子 アホアホ

 

特に、料理番組をコントにした「キャシー塚本」では、松本人志さんから下ネタを浴びせられたり、ゲンコツを食らうなどしてお茶の間を笑わせた、彼女の代表作とも言えるでしょう!

 

キャシー

 

芸人から歌手→女優へ

その後、小室哲哉プロデュースで発売したCD「愛しさとせつなさと心強さと」が200万枚の大ヒットとなり、一躍、芸人から人気歌手へと変わっていき、紅白にも出場!それまでの篠原涼子さんとは違い、色っぽさを持った妖艶な姿が印象的でした。

 

いとしさ

 

徐々に歌手としての人気が下がりだした頃、本格的に女優へと移行していきます。2005年に出演した「anego」や2006年の「アンフェア」などが人気を呼び、結果、名実共に実力派女優として成功していきました。

 

かつて「HEY!HEY!HEY!」に出演した歌手としての妖艶な彼女に、ダウンタウンの二人は「あの涼子がまさかね!」と驚いていたそうです。

 

生い立ち

篠原涼子さんは2歳の時にお母さんを亡くし、父、兄、姉の父子家族でした。中学生の頃から芸能界に憧れ、数々のオーディションを受けていたそうです。デビュー後もブレイクするまではアルバイトをしながら生活していたとか。まさに下積み時代ですね。

 

そんな子供達を育てたお父さんですが、篠原涼子さんの結婚式の当日に亡くなられたそうです。もともと闘病中で、披露宴中に倒れ…..。なんとも切ない話です。それでも娘と歩いたヴァージンロードはきっと嬉しかったでしょうね。

 

子供の名前と学校名

篠原涼子さんには現在二人のお子さんがいらっしゃいます。どちらも男の子です。残念ながら、名前までは分かりませんが、現在青山学院付属の幼稚園に通ってるとのこと。篠原涼子さんも教育にはかなり力を入れているそうで、お受験ママなんだとか。

 

芸能界では、青山学院関連の学校に通わせる人がけっこう多いと聞きます。それだけ教育がしっかりとした良い学校なのでしょう。   篠原涼子さん自身、家庭の事情で高校を中退してますから、我が子にだけはという思いがあるのかもしれません。

 

 

これからもますます美貌や演技に磨きがかかっていく彼女の活躍が楽しみです!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す