スポンサードリンク

山海嘉之はどんな人?出身や高校は?サイボーグロボットがスゴイ!

無題1

 

こんばんはJINです!NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で山海嘉之(さんかいよしゆき)さんという方が特集されます。今、リハビリ施設などで活躍するロボットを作った人なんだとか!どんな方なのか、気になりますね。

 

Sponsored Link


 

まずは山海嘉之さんのプロフィールから紹介します!

 

山海嘉之プロフィール

 

 

587162_c450

名前:山海嘉之(さんかいよしゆき)

出身:岡山県

年齢:56歳

職業:事業家・教授・工学博士

 

 

 

どんな人?

 

工学博士であり、、サイバーダイン株式会社の
創設者兼CEO、筑波大学大学院教授。
更には日本ロボット学会理事、
日本栓子検出と治療学会会長などを歴任。

 

とにかく、スゴイ方なんです!
工学においてはまさに神のような人!

 

20918

 

山海嘉之さんは小学3年生の時に
アイザック・アシモフの短編集「われはロボット」を
読んだことと、石ノ森章太郎原作の
「サイボーグ009」のアニメを見たことで、
ロボット、サイボーグを制作している博士に
興味を抱くようになります。

 

中学生時代には、レーザーに興味を抱き、
様々な実験を行い、
次々と調べ、試していったんだとか。

 

まさに研究大好き少年だったんですね!
絵に描いたような子供だったんでしょう。

 

586494_c450

 

その後、1987年、筑波大学大学院工学研究科
(システム制御工学分野)博士課程を修了。

 

筑波大学講師と助教授、
アメリカのベイラー医科大学客員教授を経て、
筑波大学システム情報系教授に就任します。

 

2004年には、研究成果を活用することを目的に
大学発ベンチャー企業の
サイバーダイン株式会社」を設立。

 

ロボットスーツHALの研究開発、製造、販売を推進。
2008年、グローバルCOEプログラムを採択。
2009年、最先端研究開発支援プログラム中心研究者を採択。
Center for Cybernics Research(サイバニクス研究コア) 統括。

 

読んでてひゃ~ってなりますねw
まとめていうと、とにかくスゴイ頭の良い人!
筑波大学の助教授だったってとこから
もうすでにスゴイですねw

 

???????????????????????????????

 

経歴を読んでいて、
好きだからできたんだろうなって
いうのが伝わってくる方です。

 

高校はどこ?

 

そんな山海さんですが、
高校は岡山県立岡山朝日高等学校
卒業されています。

 

岡山では有名な
名門の高校だそうです。

 

imagesCA27LHKV

 

意外にも山海さん。
科学まっしぐらと思いきや、
高校ではスポーツに熱中してたそうです。

 

それまではまさに科学少年だった山海さん。
高校の三年間は柔道に没頭し、
新技の開発をしては大会で発表してたそうです。

 

ここでも、やはり開発が絡んでましたw
科学と柔道、まったくリンクしない二つでも
偉人は繋げてしまうんですね。

 

fig2s

 

あんまり難しい技だと本番で使えないので、
妙な小技を考えてきては、
いつも審判に注意されていたそうです。

 

結果、案の定、初段の山海選手が
繰り出す新技は、柔道界で認知されず、
勝利を収めることは結局無かったそうです。

 

サイボーグロボット

 

そんな山海さんの
一押しともいえる作品が
このサイボーグロボット!

 

robotuto1

 

高齢化社会の日本で
お年寄りの介護が問題となってます。

 

力仕事なのに、まだまだ
女性が多く、男性が足りないこの仕事で
このサイボーグロボットが
大いに活躍してくれるんだとか!

 

動画がありました!こちら!

 

 

このロボット「HAL」を用いることで
リハビリの手助けになったり、
高齢者の動作支援になったりするそうです。

 

hal

 

介護施設での問題はもちろんのこと、
普通に生活しているお年寄りでも
買い物や坂道、荷物など
多くの問題がありますよね。

 

そういったところでこのロボットが
活躍してくれるそうです。

 

一人の科学大好き少年が
ここまで登りつけた!
まさにそんな象徴の人だと思います!

 

今後も様々なロボットを
わたしたちに見せてくれることでしょうね。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す