スポンサードリンク

富士樹海の中に村がポツンと!?謎の集落への行き方や名前を紹介!

8e85e4c4

 

こんばんはJINです……!今日はちょっと怖い話をお届けします。心霊スポットとして有名な、富士樹海こと、青木ヶ原樹海。そんな青木ヶ原樹海に1つの村があるのをご存じでしょうか?ネット上では一度入ったら二度と出られない恐怖の村などと言われてますが、真相やいかに!?

 

Sponsored Link


 

樹海の中にある謎の村

 

「日本国憲法が通用しない村」
「入ったら二度と出られない村」
「俗世間とは隔離された村」

 

ネット上では
様々なうわさがあるこの村。

 

月曜から夜更かし」でも
取り上げられていました。
噂は本当なのでしょうか?
真相を見ていきたいと思います。

 

青木ヶ~1

 

村というより集落と言った方が
適切なほど、小さなこの村。

 

村の中には廃校になった学校や
品物がわずかに残ったままの
潰れたお店など、ゴーストタウンを
思わせる街並みだそうです。

 

8e85e4c4

 

しかし!!!

 

 

 

実はネット上で書かれてる
内容はぜ~んぶ、ウソでしたw
普通の村だそうです!

 

確かに廃校になった小学校や
潰れたお店などあるそうですが、
過疎化が進んで子供はいなくなったり
単に経営がうまくいかず
廃業にしたなどの理由だそうです。

 

無題

 

怖いと思って、それらを見るから
なおさら怖いと思うだけで
他はいたって普通の町並みだそうなw

 

村に入ると最初に目につくのが
とある民宿。その名も「樹海荘」w
ちょっと名前は怖いですねw

 

7

 

中に入ると、
おっかない人がでてきて、

 

 

 

 
こらぁぁ~!!
食ってやるっ!!

 

 

….なんてことはなく、
愛想良く笑う優しい女将が
出迎えてくれるそうですw

 

PENTAX DIGITAL CAMERA

 

また、この「樹海荘」。
富士山の眺めが
とても素晴らしいらしいです!
まさに「穴場スポット」といった感じです。

 

そのほか、特に
これといったものはありませんが、
近隣の住民の方達も
愛想のよい人達ばかり。

 

ちなみに「月曜から夜更かし」の
ディレクターが
「幽霊を見たことがありますか?」
と尋ねたところ……。

 

 

「あるわけねぇじゃんっ!w」
by おばあちゃん

 

 

失礼しましたって
感じですねw

 

何故、樹海の中に
ポツンと存在しているのか。

 

ShojiKo

 

もともとは湖の近くに
あった村らしいのですが、
過去に大きな台風に見まわれ、
危険だと言われた為、
現在の位置に村ごと移したんだとか。

 

今の場所も県から借りて
村を作ったそうです。

 

村の名前

 

この村の名前は
精進湖民宿村」と
いうそうです。

 

村の名前に「民宿」という言葉が
入ってるって珍しいですね。

 

昔、、富士山周辺では
サンカ」と呼ばれる人たちが
暮らしていました。

 

彼らは刃物や自在鍋を持って
山々を次々に移り住み、
良い竹を見つけると
その場所にテントを張ったそうです。

 

そして竹を使ってザルや蓑などの
竹製品を売って生活していたんだとか。

 

サンカの人達は、俗世間の人たちとは
ほとんど交わらず生活していて、
山の中には「サンカ道」という
彼らしか知らない道もあったほど。

 

また、明治維新の頃には、
幕府軍の人間が傷を負って
樹海に逃げ込んで、風穴で
暮らしていたという噂もあります。

 

imagesCA4X4XPB

 

「サンカや逃亡してきた
幕府軍の子孫たちが、
あの村で暮らしているらしい。」

 

たまたま村を見つけた
俗世間の人達が恐怖のあまり、
こういったデマを流したのがそもそもの
始まりと言われているそうです。

 

行き方

 

青木ヶ原樹海の中に
ひっそりと存在するこの村は
富士樹海の中に通る一本道の
富士パノラマライン
途中、左に入った先にあるそうです。

 

地図がありました。
こちら!

 

imagesCA918KHS

 

街並みは古い感じですが
先にも言ったように、
民宿「樹海荘」では
見事な富士景色を
堪能できるそうです。

 

4

 

他にも、近くの湖「精進湖」は
見事な絶景でその先にそびえたつ富士山は
秋には紅葉が、冬には雪景色
一望できる絶景スポットです。

 

ネット上の噂はぜーんぶウソw
住民の方達からしたら
本当良い迷惑ですよね。

 

本当に怖いのは
富士樹海ではなく
まさにこういった風評という
オチでしたw

 

チャンチャン♪

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す