スポンサードリンク

比屋根毅(ひやねつよし)はどんな人?エーデルワイス人気商品は?

osk_121006ichimen01

 

1月23日の「カンブリア宮殿」で人気スィーツの比屋根毅さんという方が出演されます。人気お菓子会社「エーデルワイス」の会長となった彼はどんな方なんでしょう。気になったので色々調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは比屋根毅さんのプロフィールから見ていきましょう!

 

比屋根毅プロフィール

 

imagesCA55UNIZ

名前:比屋根毅(ひやねつよし)

出身:沖縄県石垣市登野

年齢:76歳

生年月日:1937年9月1日

職業:株式会社エーデルワイス会長

 

どんな人?

 

沖縄念の石垣島で生まれた比屋根毅さんは
15歳で単身沖縄本島に渡り、洋菓子店で
アルバイトをしながら通信士を目指します。

 

夜学に通わせてもらえることが
条件で踏み込んだ世界だったそうです。

 

hiyanekaichou1

 

しかしそのまま洋菓子の魅力に惹きこまれ、
昭和29年に神戸に渡って本格的に
洋菓子の修業に入門!

 

様々な有名菓子店で修業を積み、
昭和41年尼崎市でエーデルワイスを
創業しました。

 

97103

 

世間より早くから海外に目を向け、
更にヨーロッパの有名店で修業を重ねて
本場の技術を導入すると同時に、
いち早く海外ブランドとの業務提携を結び、
業界の先駆者となりました。

 

数々の洋菓子コンテストに出場し、
国内外において10回連続優勝をはじめ、
技術コンテストでは内閣総理大臣賞を受賞
100個以上の受賞歴をお持ちです。

 

ナイカク

内閣総理大臣賞作品
『夢のファンタジー』

 

平成9年には石垣市民栄誉賞を受賞。
平成14年にはベルギー王国王冠勲章
オフィシエ賞受賞。

 

レンメイカイチョウ

1986年ワールドケーキフェア世界洋菓子連盟
会長賞 『夢のしらべ』

 

海外からも非常に注目が集まる
洋菓子界の洗掘者といっても
過言ではないでしょう!

 

幼い頃から洋菓子一本で
ここまで上り詰めた比屋根毅さん。
お弟子さんは100人を超えるそうです!

 

比屋根毅さんは言います。
生涯、白衣を着た経営者でいたい!
すばらしいですね!

 

97102

 

現在は会長という肩書きですが、
今でも現場に立って
自らケーキを作ったり、
従業員にアドバイスしたりしているそうです。

 

今後は地域に密着した
エーデルワイスグループの
各店舗の総合ショップをやりたいそうです!

 

「外を見ると緑や泉などがあるような…
自然の公園の中にそういう夢のある
店が作れたらいいと思います。」

 

ぜひ、そんな店ができたら
まさに安らぎの空間!
ぜひ、行ってみたいです!

 

人気のエーデルワイスとは!?

 

神戸に本社がある「エーデルワイス」。
今でも根強い人気があり、
多くのお客さんが買っていくそうです。

 

大きく分けて、
8つのブランドに分かれており、
ケーキだけでなく、
クッキーやパンなどもあります。

 

そんなエーデスワイス関連の
人気商品をまとめてみました!

 

まずは人気ブランドの
アンテノール」から!

 

imagesCAHQ6F97

 
20年以上愛されてる
代表的人気商品が
こちらのアンテワーズ

 

アンテワーズ

 

今では様々な味の
アンテワーズがあるそうで
贈り物にピッタリ!

 

mr_gateau_aa_9a

 

続いてのブランドは
パンでおなじみの「ルビアン」!

 

con_img_le

 

このブランドの人気商品が
こちらのバトン・ノアレザン

 

item_hc_07_090425

 

オーガニックのクルミとレーズンを
たっぷり練り込んで焼いた固めのパン。
輪切りにして食べるのはオススメ!

 

続いて、チョコレートブランドの
ウィタメール」!

 

con_img_witt

 

こちらの人気商品が
この「純生ショコラ」!

 

無題1

 

ベルギー産のクーベルチュールと、
生クリームを使った純生タイプのショコラ。
なめらかな口どけ濃厚な味わいを楽しめます。
バレンタインにはまさにうってつけ!

 

さっくりふんわりのアーモンド洋菓子。
今では様々な味のものがあります!

 

他にもここでは
紹介しきれないほどの
実に様々な商品があります!

 

ぜひ、一度食べてみては!?

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す