スポンサードリンク

P.M0.5の防止法は?P.M2.5より怖い!?いつ日本に来るかチェック!

2013-03-02T22_15_06-0098d

 

こんにちはJINです!中国の大気汚染問題で登場するP.M2.5ですが、それよりも怖いP.M0.5というものが今出てきているらしいです。防止法やいつ日本に到来するのかなど、詳細を調べてみました!

 

Sponsored Link


 

P.M2.5とは

 

P.M2.5とは、中国の大気汚染から
その有害物質が飛来しており、
偏西風によって日本にも
やってきており、
今社会問題になっています。

 

20131023-00000035-xinhua-000-1-view

 

特に日本海側の西日本。
福岡や長崎などは深刻な被害を受けており、
現地の天気予報でも報道されています。

 

新たなP.M0.5

 

呼吸器系の疾患(ぜんそくなど)を
引き起こす可能性の高いこのP.M2.5。

 

また、小児や胎児の成長に
影響を与える可能性もあり、
発ガン性や変異原性などを
示す可能性もあるそうです。

 

10_21-touhokubu-sinkoku-osen

 

しかし、今回、そのP.M2.5を
上回るP.M0.5というものが
見つかったそうです。

 

心臓など循環器系で
疾患を引き起こす危険性のある
微小粒子状物質として、
その存在が指摘されており、
中国当局に監視範囲を広げるよう
対策として求めていくそうです。

 

imagesCA15YFHD

 

名前の由来としては
P.M2.5よりも更に小さいことから
この名前がつきました。

 

粒子の直径が小さいため、
肺の奥まで侵入して血液中に流れ込み、
心臓や弁などに障害を与えることが
懸念されています。

 

防止法

 

P.M0.5は鼻腔や気管、
肺の気管支を簡単にくぐり抜け、
血液に含まれる二酸化炭素を
酸素に交換する肺胞まで到達するそうです。

 

o0720096012426467052

 

そのため、既存のマスクや
空気清浄機などでは
十分に除去しきれない可能性があります。

 

外出時は、通常のマスクではなく
濡れマスクや多少金額が高くても
品質の良いものを選んだ方がよさそうです。

 

いつ日本に飛来する?

 

日本には現在もすでにP.M2.5が
到来していますが、
日本に飛来する量が増えるのは
冬の終わりから春先が
一番多いと思われます。

 

imagesCAG5L4PE

 

2月頃からは黄砂が到来してくるので
一緒に乗って飛来することが
考えられています。

 

また、春先からは
春一番の風が吹けば、
大量の有害物質が来る為
早めに準備しておくといいかもしれません。

 

20130203132452

 

また、同じ2月頃からは
インフルエンザの流行で
マスクなどが売り切れる可能性もある為
本当に早め早めが大事ですね!

 

250_1

 

いやはや、日本からしたら
本当良い迷惑ですよね。
早く、解決されることを
祈るばかりです。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す