スポンサードリンク

小野塚彩那がソチで銅!自腹で資金調達?父も選手の実家がスゴイ!

20130308k0000e050206000p_size5

 

嬉しいニュースが入ってきました!スキーハーフパイプで日本人初の銅メダルが出ました!選手の小野塚彩那選手とはどんな方なのでしょうか?何でもオリンピック出場の資金は自分で稼いだんだとか!詳細が気になったので、色々と調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは小野塚彩那さんのプロフィールから見ていきましょう!

 

小野塚彩那プロフィール

 

ski13082019250002-p1

名前:小野塚彩那(おのづかあやな)

出身:新潟県南魚沼郡塩沢町

年齢:25歳

生年月日:1988年3月23日

身長:158cm

体重:50kg

 

 バイトなどで資金調達

 

日本ではまだマイナーな種目である
このスキーハーフパイプという競技。

 

無題2

 

2011年からこのフリースキースタイルに転向した
小野塚選手でしたが、ハーフパイプの
全日本チームがなく、強化費もゼロの状態。

 

news_1265_1

 

その為、自分でウオータージャンプで
空中姿勢を研究し、
日本に本格的な施設がないため
自腹で海外へ遠征していたそうです。

 

格安チケットやルームシェアで経費を切り詰め、
練習合間の展示会出席やレッスンで
コツコツと収入を得ていたんだとか!

 

無題1

 

また、更には土木関係のバイトなども
しながら、稼いでいたそうです。

 

女性が土木でバイトとは
本当に辛かったでしょうね。

 

それでも年400万近くかかる遠征費を補えず、
知人に頼んで設立したのが
小野塚彩那サポーターズクラブ」。

 

onozuka-ayana

 

1年目に260万円
会員が増えた2年目は
なんと370万円集まりました!
小野塚さんはこうコメントしています。

 

「後援会がなければ
海外に出ることもなかったし、

W杯を回りきることもできなかった」

 

この資金援助のおかげで
昨年3月の世界選手権では銅メダル。
そして全日本スキー連盟から
最高の「特A」強化指定を受け、
ソチオリンピックへ向ける態勢が整いました。

 

無題4

 

通常はスポンサーなども
経費の援助をしてくれる中、
こういう選手もいたんですね。

 

そして、挑んだソチ五輪では
見事に銅メダルを獲得!

 

五輪=小野塚が銅メダル、スキー女子ハーフパイプ

 

2月20日の予選を4位で通過し、
決勝では2本とも綺麗に技を決めて
2本目の83.20点が採用されて3位に!

 

この種目では初、
また日本人女性スキー選手としては
モーグルの里谷多英さん以来、
2人目のメダリストとなりました!

 

ayn025-jpp14285611

 

地道な努力と苦労が生んだ
まさに感動的な結果でした!
本当にスゴイことです!

 

父親もスキー選手?

 

そんな小野塚選手ですが、
なんとお父さんもスキー選手でした!

 

名前は小野塚史郎さんとおっしゃるそうで
彼もまた、国体出場の経験を持つ人でした!
親子そろってスゴイですね!
まさにサラブレッド!

 

お父さんの指導のもと、小野塚さんは
2歳からアルペンスキーを始め、
小学校3年では新潟県大会で優勝!
既に小学生からその頭角を現していたんですね!

 

ayana-246x200

 

お父さんも今回のメダルは
娘のこれまでの下積み時代を
知っているだけに相当嬉しいでしょうね!

 

実家は旅館!

 

さて、そんな小野塚さんですが、
実家はなんと旅館をされている
由緒正しき御実家でした!

 

と言っても、お母さんの実家が
経営されている旅館だそうで
石打丸山スキー場にある旅館で
名前は「勝田屋旅館」というそうです。

 

kannai_l_8

 

料理なども現地ではかなり評判が良く、
地元では名の知れた旅館だそうです。
もしかしたら、将来は小野塚選手が
女将として登場するかも!

 

kannai_l_5

 

スキー場の旅館ということで
幼少の頃から小野塚選手は
スキーに慣れ親しめる環境にいたんですね。

 

そしてお父さんは国体選手!
まさにスキーをするために
生まれてきた人といっていいくらいです!

 

TKY201304170798

 

今回のソチ五輪でも
多くの感動が生まれていますが
小野塚選手の根性と強さには
本当に感動しました!

 

今後の活躍が楽しみです!
ありがとう、小野塚選手!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す