スポンサードリンク

大屋政子の晩年の負債は600億!?波瀾万丈の人生と子供について!

imagesCA5ZD2PK

 

こんばんはJINです!3月14日放送の「爆報!フライデー」で元祖セレブタレントと言われた大屋政子さんが特集されます!波瀾万丈の人生でお嬢様から一転転落の人生を味わった彼女の、負債600億と言われたその内容など、詳細を色々と調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは大屋政子さんのプロフィールがこちら!

 

大屋政子プロフィール

 

 

no10_p名前:大屋政子(おおやまさこ)

出身:大阪市阿倍野区

年齢:満78歳

没年:1999年1月16日

職業:歌手・実業家・タレント・作家

 

生い立ち

 

大阪で生まれた大屋政子さん。
父親は代議士の森田政義さんで
母親は大阪府種出身の方でした。

 

220px-Masayoshi_morita-214x300

父:森田政義さん

 

代議士の娘として生まれ、
まさに「お嬢様」として育ちますが
政子さんが19歳の時、
お父さんが心臓発作のため急死されます。

 

ここから大屋政子さんの
人生は一変します。

 

お父さんの取り巻きで
にぎわっていた森田家には
もはや誰も寄り付かなくなり、
懇意にしていた家を訪ねても、
門さえ開けてくれなかったそうです。

 

masako

 

若干19歳にして
世間の冷たさを
知ることになった大屋政子さん。

 

「没落したらあかんねん」
この言葉がその後の
大屋政子さんの口癖になり
奮起することを誓います!

 

波瀾万丈の人生

 

その後、大阪音楽学校を
本科2年で中退後、
コロムビア・レコードから
歌手としてデビューされます。

 

戦時中は軍属歌手として活動。
軍属歌手なんて中国などの
イメージですが、
当時は時代が時代なだけに
こういう職業もあったんですね。

 

そして戦後、当時現役の大臣だった
大屋晋三さんと不倫の末、
1950年に略奪婚。そして大屋さんが
経営していたな合繊メーカー
「帝人」の経営に参画する。

 

SHINZ_~1

夫:大屋晋三さん

 

大屋さんが55才、政子さんが29才と
今では珍しくない年の差婚ですが、
当時はまだそんなにいなく、
また現役大臣の不倫の末での結婚に
相当騒がれたそうです。

 

選挙活動にも政子さんは
積極的に参加し、旦那さんを
「ウチのおとうちゃん」「ウチのパパ」など
呼ぶ言い方が当時は話題になりました。

 

その為、一般的には
政子さんが妻というのが
知れ渡っていますが
大屋さんには前妻がいたのです。

 

当時、すでに別居中だったとはいえ
離婚には至っていなかったのですが
そこに政子さんがやってきて
二人は付き合い始めたのだそうです。

 

その後、このスキャンダルもあってか
大屋さんは政界から退き、
もともと経営していた「帝会」に
力を入れるようになります。

 

無題

 

一時期はうまくいきましたが
その後、経営は再び傾き、
政子さんを参画させたのが
悪かったなどと言われるようになります。

 

その後、大屋さんが亡くなり、
政子さんが没落したと
一部では書かれていようですが、
実はそれも間違いのようです。

 

政子さんは政子さんで
きちんと自分の力で
会社を立ち上げたり、事業を
展開したりとしていたのです。

 

しかし、時は混乱の中。
オイルショックなども影響し
負債を抱えるようになります。

 

その負債総額は晩年では
600億にもなっていたんだとか。

 

ただ、政子さんの場合は
それをネガティブに捉えるのではなく
逆に自分の活力にして
動いていたようです。

 

ご自身でもかつて
このようにおっしゃっていました。

 

「借金は自分のパワーだ!」

 

借金があるから
また頑張れるといった
ポジティブな考えだったそうです!

 

その証拠に
借金はきちんと返済しながら
新しい事業にどんどん
チャレンジしていきます。

 

snap1995

 

「大屋政子バレエ教室」や
「大屋政子バレエ財団」なども展開!

 

さらに人脈も広がっていき、
フランソワミッテラン大統領夫人などとも
交流があったそうです!

 

借金があると
通常は、人生真っ暗って
感じになりそうですけど
政子さんはそれをバネにして
頑張ってこられたんですね!

 

負債額は600億

 

政子さんの負債総額は
600億にも上ると
言われていました。

 

600億って想像できないですね….。
自分だったら首くくるしかないって
思ってしまいそうです。

 

20120313_hamasakiayumi_12

 

しかし、そちらもきちんと
返済を続けていき、
しかも事業展開は止めず、
どんどん突き進んでいったそうです。

 

その後、晩年はひっそりとした
生活をされていたそうで、
亡くなる時にはお子さんたちに
こう言ったそうです。

 

「弱い母親でごめんね」

 

弱いどころか、
まさに強い女性です。
混乱の時代の中を
たくましく生きてきた政子さん。

BGpSbGpCUAANM_m

 

現代の女性には
いない真の強さがあったんですね。

 

子供

 

そんな政子さんのお子さんですが
娘が二人いらっしゃるそうで、
長女の登史子さんは
医療法人健友会帝塚山病院理事長」を
就任されているそうです。

 

musume3

 

母親のおかげで
有難い仕事についているんですね。

 

かつては仕事熱心だった
政子さんだけに
親子仲はあまり良くなかったようですが
晩年は理解し合えたそうです。

 

imagesCA5ZD2PK

 

まさに波瀾万丈の人生だった
大屋政子さん。スゴイ方です!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す