スポンサードリンク

32歳の赤ちゃんのマリアとは?成長しない理由や治療内容を紹介!

140328kinpre750

 

こんばんはJINです!ついに桜も開花しましたね。お花見とかもう行った方もいるのでは?さて、3月28日放送の「サイエンスミステリー2014」という番組で、とある女性が特集されます。「永遠の赤ちゃん」と呼ばれている女性で、赤ちゃんのまま年だけを取るという難病を患っているそうです。内容など気になったので彼女の詳細を詳しく調べてみました!

 

Sponsored Link


 

永遠の赤ちゃんとは

 

その女性は
ブラジルに住む
マリア・アウデテ・ド・ナシメントさん。

 

1981年5月7日生まれで
今年で32歳になります。
しかし、その姿は
生後9ヶ月の赤ちゃんのまま。

 

そこから、成長が
止まってしまったそうです。
写真がこちら。

 

maria

 

 

顔だちこそ、
普通の赤ちゃんに比べて
少し年を取っているように見えますが
それでも32歳には見えないですね。

 

また、容姿だけでなく、
しゃべるのもままならないそうで
彼女のお父さんと後妻のお母さんが
育てているそうです。

 

生後9ヶ月というと
まだ歩くことも
ままならないくらいですよね。

 

言葉も1~2歳くらいに
ならないと覚えないので
同じようにマリアさんも
言葉は話さないそうです。

 

マリアさんの実のお母さんは
すでに亡くなっており、
後妻のお母さんはマリアさんを
「神様がくれた退治なギフト」として
実の子と変わらない愛情を
注いでいるそうです。

 

hqdefault

 

素敵なお母さんですね。
障害を障害と思わず、
これも神様からの授かりものとして
きちんと受け止めるのは
実の親でも難しい。

 

それでもマリアさんを
無条件の愛情で
接するのは
本当にお母さんの鏡ですね。

 

成長しない理由とは?

 

マリアさんの成長が
生後9ヶ月で止まってしまったのは
甲状腺ホルモンの異常
よるものと考えられています。

 

16_02

 

マリアさんは患っている病気は
甲状腺ホルモン欠乏症」というそうで、
また別名「甲状腺機能低下症」とも
いうそうです。

 

甲状腺関係の病気は
多くありますが
この病気は特に珍しく
またその症状も
ひとそれぞれだそうです。

 

何らかの原因で
体内の甲状腺ホルモンが
正常に生成、分泌されず、
結果、十分な成長が
果たせなくなるというのが
大まかな内容です。

 

img_00_02

 

この病気は
先天性もあれば後天性もあり、
治療法もあります。

 

まずは不足している
甲状腺ホルモンを投与すること。

 

この治療を数年続け、
患者が4~5歳になった頃、
その後の治療方針が
先天性か、後天性かで
わかれていくそうです。

 

通常は発見と治療が早ければ
その後、通常の人と同じように
成長していけるのですが
発見が遅いと、難しくなるそうです。

 

マリアさんの場合も
彼女がまだ幼少時の頃に
適切な治療が受けられていたら
もっと成長が違ったらしいのです。

 

無題

 

しかし、彼女の家は非常に貧しく
病院に行くお金もなかったそうで
親御さんは辛かったんでしょうね。

 

非常に珍しい難病というのは
こういった貧しい口、地域に多く、
やはりその原因としては病院で
適切な治療を早い段階で
受けられなかったというのが
大きいんでしょうね。

 

ただ、マリアさんの場合は
その後のテレビ出演で
この内容が取り上げられて
大きな世界からの反響があり、
有名医師が無償で治療を
かってでてくれたそうです。

 

テレビに出演する際も
家族は娘をさらしものにすることに
なるのではとためらったそうですが、
治療が受けられたらと、
一縷の望みをかけて
出演を決めたそうです。

 

o0640048012732201850

 

 

本当に良かったですね。
適切な治療時期としては
かなり遅れてしまいましたが
それでようやく治療が受けれるのは
家族にとっても本人にとっても
嬉しいでしょうし、
何かしらの成果が出ると思います。

 

たとえ、健常者と
同じようになれなくても
マリアさんが少しでも成長でき、
せめて言葉が話せるようになれたら
それだけでも大きな前進ですよね。

 

どんな生活を送ってる?

 

さて、そんなマリアさんですが
現在はどんな生活を
送ってるんでしょうか?

 

実は治療の甲斐あって
マリアさんに大きな変化
あったそうです!

 

治療を受ける前は
歩くこともできず、
ずっと両親に抱っこされていました。

 

それが今は
まだぎこちないですが
歩けるようになり、
ちょっとしたお手伝いなどが
できるようになったそうです!

 

また、片言ですが
少し言葉も覚えるようになり、
「パパ」や「ママ」と
言うようになったそうです。

 

さらには体重や身長も増え、
成長が再び
始まってくれたそうです!

 

o0640048012732202587

 

32年間待ち続けた
「パパ」と「ママ」という言葉。
初めて聞いたとき、
ご両親は言葉にできないほど
嬉しかったんでしょうね。

 

現在も治療は継続中だそうで
まだまだ成長の希望は
望めそうです!

 

こういう話を聞くと
自分は本当に幸せ者だなって
思いますね。

 

当たり前のことだったけど
「成長」っていろんな人の手が
差し伸べられて、果たせるもの。
感謝しないといけないですね。

 

140328kinpre750

 

マリアさんの成長は
家族にとっても
大きな喜びでしょうね。

 

いつか、この家族が
全員で無条件に笑って
幸せになれることを祈りたいです。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す