スポンサードリンク

円谷英二の特撮やプロフィールについて!名言や軌跡展をチェック!

2k1101_2

 

こんばんはJINです!4月15日放送のNHK番組「先人たちの底力知恵泉(ちえいず)」で特撮の神様と呼ばれる円谷英二さんが特集されます!特撮の先駆者としても名を遺した彼の、プロフィールや生い立ち、更には名言などを色々と調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは円谷英二さんのプロフィールから見てきましょう!

 

円谷英二プロフィール

 

無1題

名前:円谷英二(つぶらやえいじ)

本名:円谷 英一(つむらやえいいち)

出身:福島県須賀川市

年齢:満68歳没

職業:特撮&映画監督、撮影技師、発明家

 

 

どんな人?

 

昭和におけての特殊撮影技術の
第一人者であり、独自に作り出した技術で
特撮映画界に多大な功績を残したことから
特撮の神様と呼ばれる円谷英二さん。

 

201301142203040a0

 

1901年、7月7日に
福島県須賀川市で生まれ、
生家は「大束屋(おおつかや)」という
商家だったそうです。

 

幼い頃から映画に興味を抱き、
10歳の時、お小遣いを貯めて、
自分で子供用の映写機を買い、
巻紙で作ったフィルムを当てて
映画に没頭していたそうです!

 

2k1101_2

 

性格は非常に内向的で
水墨画を書くことが
好きな少年だったそうです。

 

また、11歳の時には新聞に
載った一枚の飛行機の写真を元に、
精巧な模型飛行機を作り、
それは評判んを呼んで、
地元新聞の取材を受けるほどでした。

 

その後、映画界へと
飛び込んでいき、最初は
カメラマン助手として
働いていました。

 

そして26歳の時、
稚児の剣法」という作品で
カメラマンを担当し、林を何重にも
オーバーラップさせる特撮手法
採り入れ、映画は大成功!

 

inoshirou

 

ここから、彼の特撮者としての
人生が大きく変化していき、
後に「特撮」という
今の映画界では切っても切れない
非常い重要な技術を
生み出していきます!

 

特撮について

 

当時の日本の映画界には
まだ特撮技術はなく、
すべて実写で撮影していました。

 

その為、今以上に
莫大な費用がかかってしまい、
予算が足りず、撮影を
断念したり、別の粗末な映像で
補ったりと、難しい時代でした。

 

1355187830

 

筆者が思うに当時はまだ
戦後間もないころ。
今のように豊かじゃない時代で
映画界も非常に切羽詰まった
状態だったと思います。

 

それでも傷付いた日本を
癒してくれるのは当時
おそらく、音楽や映画の存在が
非常に大きかったと思います!

 

3a8927a9d5912d564eab51b3d25ebb85

 

そんな中、登場したのが
円谷さんが考案した「特撮」。
この技術の導入で
費用の面での問題は、もちろんのこと、
それまでに不可能とされていた
映像まで生み出すことが
可能となりました!

 

一番分かりやすいもので言えば
ウルトラマン」や「ゴジラ」など
現代の子供にとっても
なくてはならない作品です!

 

img_detail_3_6

 

映像を合成させたり、
ミニチュアの建物の中を
暴れまくる怪物やヒーロー達の姿は
それまでアニメの中でしか
観られなかった世界を
実世界の中に登場させてくれ、
多くの感動を与えました。

 

031819kvsg2atami1-500x375

 

現在でこそ、
当たり前のようになった
特撮も当時は画期的で
筆者も祖父母も非常に感動したと
言っていました。

 

名言

 

「特撮の神様」と呼ばれている
円谷英二さん。

 

子供達に多くの夢を残した
偉人でありますが、
そのイメージ通り、
子供が大好きな人だったようです。

 

無1題

 

子供にサインを求められると、
自分の名前を図案化した
「スキーボーヤ」をというものを描き、
大人には「子供に夢を」と書いたそうです。

 

ゴジラに登場するキャラクターの
映画「モスラ」で幼稚園児から
ファンレターが来た際には、
仕事の合間にモスラを作り、
プレゼントしていたんだとか!

 

また、怪獣ファンの児童が
交通事故死した時、涙を流し、
小さな怪獣を作って、その子の仏壇に
添えてあげたこともあったそうです。

 

p2

 

現代でいう欽ちゃんや
ワクワクさんみたいな感じの人を
想像しますね。

 

そんな円谷英二さんの
名言が感動的でした!
こちら!

 

n-2380-04

 
「他人から『できますか?』
と聞かれたら、とりあえず
『できます』と答えちゃうんだよ。
その後で頭が痛くなるくらい
考え抜けば、大抵のことは
できてしまうものなんだ」

 

「ないものは作ればいい。
金に困ったら発明すればいい」

 

「まず『出来る』って言う。
方法はそれから!」

 

「結局自分で考えながら、
一人でやる以外なかったわけです」

 

「いくら沢山の子供たちを喜ばせても、
自分の子供の運動会にさえ
出てやれないダメ親父だよ」

 

 

なんだか素敵な言葉ですね。
特に最後の運動会の話は
筆者もこみ上げるものがありました。

 

無題4

 

大切なことは
大きなことではなく、
当たり前のこと、小さなことを
大事にできているか、
そう教えてくれるような言葉です。

 

軌跡展とは

 

さて、円谷英二さんには
軌跡展」というものが
あるそうです!

 

main_img

 

展覧会では
代表作「ウルトラマンシリーズ」で
登場する国立競技場セットの
大ジオラマ再現されています。

 

また円谷プロが最初に手がけた
「ウルトラQ」「ウルトラマン」
「ウルトラセブン」を題材に、
円谷特撮の秘密に迫っているそうです!

 

5

 

特撮とはいったいどういうものか、
名前は効いても実際にどういう風にして
撮影されているかなど
あまり知らないって方多いですよね。

 

1954_01

 

まさにそ「特撮」が
一気に勉強できるものと
なっているようです!

 

当時、子供の頃に
「ウルトラマン」に夢中になっていた
お父さん世代の方も
童心に帰れる展覧会に
なっていると思います!

 

imagesCAJWN265

 

この軌跡展は
2014年4月17日(水)から
4月27日(日)まで
京都高島屋7階のグランドホール
開催されているそうです!

 

入場料は一般が800円、
大学・高校生は600円、
中学生以下は無料だそうです!

 

AS20140402001342_comm

 

中学生以下が無料ってのは
これは嬉しいですね!
ぜひ、興味がある方が
行ってみてください!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す