スポンサードリンク

YUIの感動エピソード!ヴォイス塾長が語る内容とは【PART2】

YUI

 

以前、お届けしたシンガーソングライターのYUIさんの感動エピソード。今回はその続きをお伝えしていこうと思います。PART1ではYUIさんの生い立ちから音楽を始めるまでをお伝えしました。PART2ではその後、デビューするまでの彼女をお伝えしていこうと思います。

 

Sponsored Link


 

 

まずはYUIさんのプロフィールからお伝えします。

 

YUI

 

名前:YUI(ユイ)

出身:福岡県古賀市

生年月日:1987年3月26日

年齢:26歳

身長:155cm

 

音楽塾とアルバイトの日々

音楽塾ヴォイスに入学したYUIさんは、
アルバイトをしながら月謝を稼ぎ、
日々音楽にのめり込んでいきました。

音楽塾ヴォイスの塾長である
西尾芳彦さんは当時をこう振り返ります。

 

にしお

音楽塾ヴォイス塾長 西尾芳彦さん 

 

「YUIは入学してからというもの
めきめきと腕を上げていきました。

 

ギターも、コードをひとつ覚えると
嬉しそうに『またひとつ覚えました!』って
僕に言いに来てましたね。

 

ある時、レッスン室の横の廊下で
YUIがあぐらをかいて座り、
アヴリルラヴィーンの曲を
ひとり練習していました。

 

それを聴いたとき、鳥肌がたちましたね!
カッコイイ声が見事に出ていて、
それまでの普段の彼女とは違っていました。

 

まさにそのオーラが
そこらの子とはまるで違っていて
見事な輝きを放っていましたね。」

 

「あぐらをかいて歌う」というのが
YUIさんのひとつのスタイルでしたが、
あれはこの頃がルーツなのでしょうね。

 

あぐら

 

オーディション

その後、YUIさんはヴォイスの
関係者からの勧めであるオーディションを
受けてくるよう言われます。

 

ソニーミュージックSDオーディション」でした。
このオーディションでもYUIさんは
ある逸話を残しています。

 

オーディションではひとり2曲を
演奏することになっていたそうですが、
YUIさんはぜひ聴いてもらいたいと
もう一曲その場で突然歌いました。

 

歌い終わるとYUIさんは
そそくさと会場を後にしたそうです。
この時のことをYUIさんは
後にこう語っています。

 

「決まりを破ったから
怒られると思い、怖くて….(笑)」

 

しかし、今思えば、
これが逆に審査員に印象を与え、
結果、デビューへと繋がったのかもしれません。

 

そして結果、YUIさんは
応募者数20000人の中から
グランプリに選ばれ、デビューを掴みます!

 

レーベルの争奪戦

YUIさんの登場は
レコード会社のソニーにとっても
おおきな出来事だったようです。

 

通常、レコード会社にはいくつかの
レーベルがあり、そのアーティストの
特性に合わせて選ばれます。

 

普通はデビューが決まると、
レコード会社が指定したレーベルに
すんなりと決まるのですが、
YUIさんの場合は違いました。

 

どのレーベルもYUIさんを欲しがったのです!
つまり、それだけYUIさんは
「この子は売れる!うちからぜひ!」と
魅力を持ち合わせていたのです!

 

結果、各レーベルで争奪戦となり、
gr8!Records」といレーベルから
デビューが決まりました!

 

デビュー後

デビュー後のYUIさんの快進撃には
ものすごいものがありました!

 

デビュー曲「feel my soul」はオリコン8位と、
デビュー曲にしてはかなりの好成績!
その後、映画出演が決まり、
その主題歌がこれまたヒット!

 

auのCMに起用された「CHE.R.RY」は
女の子の甘酸っぱい恋心を描いた曲で
彼女の代表曲となりました。

 

cheryy YUI 8th single 「CHE.R.RY

 

今や、日本だけでなく、
アジアでも絶大な人気を誇るYUIさん。
現在活動している「FLOWER FLOWER」も
かなりの注目が集まっています!

 

現在26歳。今後はこれまでに加え、
大人っぽい曲も披露してくれるのでは?
今後もYUIさんの活躍に注目です!!

 

【PART1】やYUIさんの
病気についての記事も書いてます。
良かったらこちらもどうぞ!

YUIの感動エピソード!ヴォイス塾長が語る内容とは【PART1】
YUIのパニック障害の理由と原因は?彼氏や事務所との確執を暴露!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す