スポンサードリンク

桜井広大の素行とは?野球選手の寿命はどれくらい?引退後どうなる?

さくらい

 

元阪神で、四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズの桜井広大選手が引退を発表しました。ネット上では「素行」という言葉が一緒によく出ますが、何があったのでしょうか?またプロ野球選手の現役の寿命ってどれくらいなのでしょう?引退後のことも踏まえて見ていこうと思います。

 

Sponsored Link


 

 

まずは桜井広大選手のプロフィールから見ていきましょう!

 

プロフィール

 

名前:桜井広大(さくらいこうだい)

出身:滋賀県野洲市

生年月日:1983年7月1日

年齢:30歳

身長:180cm

体重:88kg

 

素行

桜井広大選手はPL学園時代
ある事件を起こしていました。

 

2001年の12月に後輩部員を
バットやパイプ椅子で殴り、
かなりの重傷を負わせたようです。

 

桜井選手やPL学園に対し、後輩側が起訴し、
桜井選手が暴行の事実を認めた結果
100万円を支払う事で和解が成立しました。

 

PL学園と言えば、野球の名門です。
しかし、名門だからこそ、こういった
部活内での暴力事件が珍しくないんだとか。

 

ロッテの今江敏晃楽天の朝井秀樹と並び、
最強トリオを呼ばれた桜井広大選手ですが、
これを聞くと、良い印象がなくなりますね。

 

過去のこととは言え、残念です。

 

現役の寿命

プロの野球選手の現役寿命って
一体どれくらいなのでしょうか?
詳しく調べてみました。

 

プロ野球選手の現役の寿命は
一般的に「29歳まで」と言われています。

 

例えば、ドラフト一位の選手の場合、
契約金は1億円が相場らしく、
更に年俸も1000万が平均だとか!

 

若い内からガッポリ稼げる仕事ですが、
それだけ、寿命も短いというわけです。
しかもこれには大きなリスクも!

 

プロ野球にも年金制度があり、
それは独自のしくみらしいのですが、
年金がもらえるようになるには
プロ野球在籍が「10年以上」必要だそうです。

 

つまり、在籍が10年未満の場合は
当然年金はなく、自分の稼いだ分だけ
ということになります。

 

実際、10年経たずに引退する選手は
大きな功績が残せなかったり、
契約金も少ない無名選手が多いんだとか。

 

強い者は長く残れて、年金が出る。
弱い者は去らざるを得ず、年金もない。
切ない話ですが、これがプロの世界なのでしょう。

 

引退後はどうする?

引退後、プロ野球選手はどうなるのでしょうか?
イメージとしては解説者監督就任などありますが、
現実はそれほど甘くないようです。

 

解説者や監督になれるのは、
ほんの一握りで、大半の選手が
野球とは違う世界に入ることも多いとか。

 

野球解説

 

野球の世界に残れるか、
それ以外の世界に入るのか
それは、「引退試合ができるかどうか」が
大きな境目とも言われています。

 

有名な選手の場合、
引退試合」という名目で
有終の美を飾ることができます。

 

しかし、無名選手の場合は
大々的にそういったものはなく、
静かに去っていくものだそうです。

 

引退試合ができるほどの選手なら
その後も解説者なり、コーチなり、
様々な形で野球界に残れますが、
しかし、それも数年のサイクルがあります。

 

運よく監督に就任できても、
年俸は500万くらいが平均で、
数年ごとに代わるのが常なんだとか。

 

以上の話を聞くと、王監督長嶋名誉監督
現役時代、どれほどすごかったかが
ひつひつと分かりますね。

 

おうながし

 

 

 

 

 

 

 

今回引退を表明した桜井広大選手。
彼は今後、野球界で残っていくのか、
それ以外の世界へ向かうのか、
今後の動きに注目です。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す