スポンサードリンク

マッハステム(衝撃波)の威力とは!長崎原爆の被害や証言を説明!

2013080907055853e

 

こんばんはJINです!今日8月9日は長崎に原爆が落ちた日ですね。今年で69年を迎えるこの歴史的出来事において、最近、この原爆が爆発した際に発生したと思われる「マッハステム」という衝撃波について研究が進められているそうです。今回NHKスペシャルでこの「マッハステム」についての特集があるようです。どれほどの威力だったのか、そしてそれによる長崎の被害はどれほどだったのか、詳細を調べてみました。

 

Sponsored Link


 

まずは長崎の原爆の概要について先にお伝えします。

 

概要

 

250px-Nagasakibomb

 

投下年月日:1945年8月9日

投下時間:午前11時2分

原爆の名前:ファットマン

種類:プルニウム型爆弾

被害者数:14万9千人

 

長崎の原爆の詳細

 

今から69年前の1945年、
日本は世界を相手に
大きな戦争をしていました。
第二次世界大戦と言います。

 

6年も続いたこの戦争。
最後の年となった1945年、
日本はすでに力を無くしており、
ギリギリの状況でした。

 

そこで、相手だったアメリカは
この戦争を終わらせるべく、
この原子爆弾を開発します。

 

atomictoy

 

そして、この年の
8月6日、午前8時15分、
最初の原子爆弾が
広島に投下されました。

 

これは世界で初めて、
核兵器というものが
実際に使われた
歴史的出来事でもありました。

 

littleBoy

広島原爆のリトルボーイ
世界で初めて使われた核兵器

 

しかし、それでも日本は
降参しなかったために
3日後の8月9日、
アメリカは2つ目の原爆を
長崎に落としたのです。

 

FatMan

長崎に投下された原子爆弾
通称「ファットマン(でぶっちょ)」

 

これがきっかけで
日本は降伏宣言をし、
戦争が終結したと
言われています。

 

当初、この長崎の原爆は
長崎ではなく
工場がたくさんある
福岡県北九州市の
小倉に落とされる予定でした。

 

しかし、天候が悪くて
急きょ予定を変更し、
長崎に決定したのです。

 

Air_raids_on_Japan_16

 

今回、原爆について
色々と調べたところ、
様々なことが分かりました。

 

原爆は地上ではなく
空中600mの高さで爆発し、
その熱線(爆発時の光)で
地面は瞬時に6000度になり、
その後の爆風は音速(音の速さ)を
超えたと言われています。

 

熱線ってイマイチ
普段の生活になじみがないので
ピンと来ない方も
いらっしゃると思います。

 

例えば、豆電球に手を近づけると
ポカポカと温かいですよね。
あれが熱線です。

 

20130208-3

 

また陽に当たると
これまたポカポカしますよね。
あれも太陽からの
熱線なのです。

 

この熱線と爆風はそののち、
ピカドン」(ピカッと光り、
ドンと爆風が来ることから)と
呼ばれるようになりました。

 

実は筆者の祖母も
長崎で被爆しており、
実際にこのピカドンを
体験したそうです。

 

250px-Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima (1)

 

幸い、爆心地から7kmと
かなり離れたところだったので
大きな被害はなかったそうですが、
とにかく、ものすごい光で
その後の爆風で家が
かなり揺れたと言ってました。

 

しかし、ケガをされた友人が
祖母の家にやってきたとき、
その方が祖母にこう言ったそうで
祖母がそれが忘れらないそうです。

 

 

「太陽が突然
降ってきたかと思った」

 

 

爆発したときの中心の温度は
100万度と言われており、
これは太陽の表面の熱さと
同じだそうです。

 

sun

 

つまり、地面からわずか
600mの高さに突然
ちいさな太陽が
できたことと同じなのです。

 

筆者も祖母から
この話を聞いたとき、
あまりに衝撃的で
今も忘れらずにいます。

 

話を元に戻しますね。
原爆が通常の爆弾と違う
大きな点は
その中身にあります。

 

原爆の中には
多くの放射性物質が
詰め込まれており、
爆発時には広範囲にわたって
それらが散布されます。

 

2011年の東日本大震災の際、
福島第一原発が水素爆発という
大事故を起こしましたね。

 

あの時も多くの放射能が
周囲に漏れてしまい、
後世に渡る大問題となっています。

 

no.3

 

当時の日本では
放射能に対する知識が
ほとんど皆無だったために
その恐ろしさを知る人は
ほとんどいませんでした。

 

放射能は長い期間に
わたって残留し
なかなかなくならないものです。
これを「残留放射能」と言います。

 

そのため、広島や長崎にも
この残留放射能が
当時かなりの量で残ってました。

 

友人や身内の安否を心配して
広島や長崎にやってきた人々は
直接、原爆の被害にあってないのに
この残留放射能によって
被爆してしまいました。
これを「入市被爆」と言います。

 

bombed_out_tokyo

 

また、これも最近分かったことですが、
広島で原爆の被害を受け、
親戚や友人を頼って
長崎にやってきた人が再び、
そこで原爆の被害を受けるという
二重被爆」という方々もいました。

 

nijuhibak

二重被爆者の山口彊さん

 

現在、長崎には
平和公園や原爆資料館など
多くの施設があり、
海外からも多くの方が
訪れています。

 

00733

長崎の原爆資料館

 

原爆体験者の高年齢化で
当時を草原して下さる
語り部の方々が少なくなってる今、
次の世代である私達は
再び、もう一度きちんと
知る時が来ている気がします。

 

マッハステムとは

 

さて、今回、NHKスペシャルで
この原爆の際に発生した
衝撃波「マッハステム」について
特集があるそうです。

 

筆者も初めて聞いた
この「マッハステム」ですが
どういうものなんでしょう?

 

images (1)

長崎にある当時の建造物の一部

 

この「マッハステム」という
衝撃波は主に爆心地から
500mの範囲で起こったと
言われているものだそうです。

 

通常、衝撃波や爆風は
中心から外に向かうにつれて
当然その力は弱まっていきます。

 

しかし、この原爆というのは
前述の通り、地上ではなく
空中での爆発でした。

 

explosion-fireball-series-psd-material_35-17309

 

通常空中で爆発した際の
衝撃波というのは地上に達すると
上方に跳ね返ります(=反射波)

 

しかし、この際の反射波は
直接の衝撃波と混ざり合って
地上と垂直な形をした
衝撃波となります。

 

wedge1

右側の「Mach stem」がマッハステム

 

この垂直になった衝撃波を
「マッハステム」と言い、
大元の衝撃波の
約二倍の速度と威力を
持っていると言われています。

 

しかも垂直に走る衝撃波なので
建物を壊しやすく、爆風における
その被害を拡大させる要因になります。

 

Mr

 

直接の衝撃波でさえ
音速を超えたと言われてますから
その2倍の速度となると
まったく想像ができませんね。

 

広島も長崎も原爆も
両方の原爆にこのマッハステムが
生じるような設定が
なされていたと言われています。

 

250px-AtomicEffects-p10a

原爆投下前の長崎

250px-AtomicEffects-p10b

原爆投下後の長崎

 

原爆が爆発する際、
熱線が光ったのちに爆発し、
その衝撃波が地上に到達するまで
わずか3秒もなかったと
一般的に言われてます。

 

このマッハステムというのは
傾斜のある箇所で
主に発生したと言われており、
特に長崎は傾斜の多い地域なので
広島以上にこのマッハステムの
衝撃波が生じやすかったと
思われます。

 

photo

 

筆者が子どもの頃は
白黒の写真とか映画で
平和学習が行われ、
原爆についてもたくさんの
資料を見せられました。

 

しかしどれも静止画なので
どれくらいの威力だったのかなど
想像ができないところがありました。

 

images

長崎投下時間の11時2分で止まった時計

 

しかし今は動画サイトなどで
こういった映像も出ており、
勉強の為に観てみると
唖然とさせられるばかりです。

 

69年前の今日は
多くの悲しみが生まれた日。
絶対に忘れないように
したいと思います。

 

images (2)

 

そして、こういうことを
次の世代である自分たちが
しっかりと見聞きして学んでいき、
次に語り継いでいくことって
本当に大事なことだと
改めて感じました。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す