スポンサードリンク

SHOGO(175R)の現在やIMARUとの熱愛とは?活動休止の真相を調査!

images (3)

 

こんばんはJINです!皆さん175Rって覚えてますか?2000年代にブレイクしたバンドで当時誰もが歌ってました。そのボーカルのSHOGOさんが9月3日放送の「ナカイの窓」に出演され、バンドの活動休止の真相を語ってくれます!現在、SHOGOさんがどうしてるのか、過去の離婚や熱愛が噂のあの人との内容など、色々と調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずはSHOGOさんのプロフィールから見てきましょう!

 

SHOGO(175R)プロフィール

 

021_16

名前:SHOGO

本名:木下将吾(きのしたしょうご)

出身:福岡県北九州市小倉北区

年齢:34歳

生年月日:1980年3月24日

血液型:A型

 

 

現在どうしてる?

 

1998年に結成し、
2001年にデビューを
果たしたロックバンド
175R」(イナゴライダー)。

 

2011117_imaru_10

 

2nd シングル
空に唄えば」が大ヒットし、
紅白にも出場しました!

 

220003302

 

そのボーカルを担当した
SHOGOさん。

 

Tシャツにジーパンが
トレードの姿で、幼少時代は
尾崎豊さんに大きく
影響を受けていたそうです。

 

2004年には
国民的グループ「SPEED」の
今井絵理子さんとご結婚され、
二人の間には男の子が一人います。

 

E4BB8AE4BA95E7B5B5E9878CE5AD90

今井絵理子さん

 

しかし、2007年に
離婚を発表され、一時は
夫婦の不仲説が浮上しましたが、
実は結構音楽活動でも
一緒になったりと現在は
仲良しのようです。

 

20070712093747

 

その後、2010年に
バンドは活動休止を発表し、
SHOGOさんはイギリスへ
留学をされました。

 

帰国後はミュージシャン仲間を
集めて、「SHOGO and His Friends
として音楽活動を再開。

 

1RoSHOGO_1011-thumb

 

ソロとして、多くの方と
音楽活動を
されているようですね!

 

「空に唄えば」は
筆者もよく歌いましたー!
今でもカラオケとかで
あの曲が流れると
当時を思い出します!

 

news_large_175R_art

 

あと、お子さんですが、
SPEEDが24時間TVで
再結成する時にお子さんの
映像が出ていましたね。
写真がこちらです!

 

c63a4_97_N0030883_l

 

SHOGOさんに
目元がそっくりですね!
難聴の障害をお持ちのようで、
今井絵理子さんは
息子のことがきっかけで
もう一度、SPEEDを
やりたいと思ったと話してました。

 

現在の今井さんは
難聴の障害を持つ方の為に
手話の講座をしたり、
海外の子供達の為に
演奏をしたりと
マルチな活動をされています。

 

24cca82c1eaeba040c28b7f8034f575b_12532

 

SPEEDの振付にも
手話を取り入れたりと
確かな影響を世の中に
与えているそうです。

 

話はそれましたが、
SHOGOさんもまた、
現在、実に多くの活動をされます。

 

2012年には布袋寅泰さんの
シングル「Don’t Give Up!」に
コーラスとして参加されたり、
2013年には音楽のみならず、
舞台「+GOLD FISH」に
出演も決まっています!

 

10070205

 

もともと、顔だちが整っていたし、
俳優としてもやっていけそうな
感じがしますね。

 

音楽と並行して
マルチな活動が
広がっていきそうです!

 

090618_2352~0001

 

IMARUとの熱愛

 

さて、そんなバツイチの
SHOGOさんですが、
なんと、あのIMARUさんとの
熱愛が噂されてたそうです!

 

B004164736_271-361

 

IMARUさんと言えば、
言わずと知れた
お笑い界のドン、
明石家さんまさんの
実の娘さんです!

 

2014022103-1

 

そんな大物芸能人の
娘と熱愛になるとは、
内容はどういうことだったんでしょう?

 

その前に、
今井さんとの離婚について
先に触れておきます。

 

実はこの離婚の原因は
SHOGOさんの
不倫だったそうです。

 

当時、SHOGOさんは
グラビアアイドルの
小阪由佳さんと不倫関係にあり
これが暴露されて、
離婚となりました。

 

11_08

 

さらにこれがきっかけで
バンドの人気も下降したと
言われています。

 

う~ん、結構
ちゃらんぽらんなのかな。

 

ダウンロード

 

そして現在、
IMARUさんと噂に!
これにさんまさんは
怒りをあらわにしてるそうです!

 

201212172302_26280

 

ソロとして音楽活動を
再会しているとはいえ
まだそれらで成功しておらず、
いわゆるニートの状態。

 

ましてや、離婚歴があり、
その原因は本人の浮気となると
そりゃ娘側の親は
怒るに決まってますね。

 

b5084666

 

二人の噂が出たのは
2009年の頃でした。
しかしこの頃は否定しており、
2012年頃になって再び、
二人の関係が取り上げられるように。

 

さんまさんも
「仕事しろぉぉ~!」と
怒りパンパンの模様ww

 

prof_sanma

 

まだはっきりと二人が
認めていないので
何とも言えません。

 

でも、もし交際が事実なら
SHOGOさん、「想い」でなく
仕事の「結果」でまずは
お父さんを納得させる
必要がありそうです。

 

バンド活動休止の真相

 

最後に、175Rの
活動休止について
触れておきたいと思います。

 

2010年9月
既に人気には影が見え、
5枚目のアルバム「JAPON」を
最後にバンドは活動休止に。

 

175R (1)

 

その理由を
当時のインタビューで
メンバーはこう語っています。

 

「これと言って大きな理由が
あるというよりかは、
12年間、
ホントに休むことなく
走り続けてきました。

 

なので、ここらでひとつ、
もうワンステップ上がるためには
どうしたらいいのか?ということを、
ここ2、3年、自分の中でも
迷っていたところがありました。

 

175r

 

でも、正直、活動を休止するのは、
ちょっと怖かったし、
不安だったりしたんですけど、
「JAPON」を発表したときに
それが無くなったというか。

 

まだ、休止の期間は
決まってないですけど、
メンバーそれぞれが、
ひとりの
ミュージシャンとして
成長し、
再び、175Rとして
音を出せればと
思っています」

 

なるほど。
発展的な意味での
活動休止だったんですね。

 

まぁ、音楽バンドには
よくある話ですよね。

 

やっぱり純粋に
音楽を極めていきたいという
思いがあってのことなんでしょう!

 

Z230001482

 

ちなみにSPEEDも
4年あまりの活動で
突然の解散をしましたね!

 

ダウンロード (1)

SPEED

 

当時、国民的と言われるほど、
絶大な人気だっただけに

SPEEDの解散には
ついには号外まで出たほど!

 

実はこのSPEEDも
結成した当初から

メンバーのソロ活動が
本来の目的だったそうで
解散は発展的なものでした。

 

speed1

 

SPEEDはもともと、
子供の面白さや凄さ」が
売りのグループでした。

 

つまり、「子供だから
成り立つグループ
だったんです。

 

speed001

 

メンバーもだんだん
大人になっていき、
最年少の島袋寛子さんも
この時点ですでに15歳。

 

解散のタイニングとしては、
まさに絶妙な時でした!

 

newspeed

 

またまた、話は逸れましたが、
一方、175Rの場合、
この活動休止の理由には
疑問を感じてるファンも
結構いたようです。

 

障害を持つ子供がいるのに
不倫をしていたことが発覚したとき、
SHOGOさんはかなり叩かれ、
多くのファンが離れていきました。

 

結果、人気も衰えていき、
ネット上ではこのことで
メンバー間に亀裂が入ったとも
言われています。

 

wpid-news_large_SHOGO_Art20131007

 

「ナカイの窓」でSHOGOさんが
語った真相とは、
以下のようなものでした。

 

無期限休止に入った後、
前述通り、SHOGOさんは
イギリスに移り住み、
自分探しの生活を送ります。

 

ただ、番組では
それだけしか語らず、
休止理由の真相については
特にこれといって
触れていませんでした。

 

そして、終わりには
SHOGOさんは
また175Rとして
やりたい意志を
見せていました。

 

ん~となると
やはり理由としては
発表のものももちろん
あるんでしょうが、
やはり他メンバーとの
亀裂も否定できないですね。

 

今後、再び、
175Rとしての活動は
あるんでしょうか!?

 

今後の175Rの
動きに注目です!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す