スポンサードリンク

火垂るの墓の叔母は実は悪い人じゃない!?アニメと実写の違いとは?

hotaru

 

ジブリ作品の「火垂るの墓」で、イジワルな叔母さんが出てきますよね。実はあの叔母さんは悪い人ではないという意見があります。それは実写版を観れば分かるとのこと!今回はその内容をお伝えしていこうと思います。

 

Sponsored Link


まずは火垂るの墓の概要から見ていきましょう!

 

概要

 

images

作品名:火垂るの墓

公開:1988年

同時上映:となりのトトロ

監督:高畑勲

キャッチコピー:「4歳と14歳で、生きようと思った」

 

 

アニメと実写版の違い

 

アニメでは、もちろんながら
主人公の清太と節子に焦点を当てて
物語は進んでいきます。

 

hotaru4

 

両親を戦争で亡くし、
孤児になって、叔母の家に行くも、
邪魔者扱いされます。

 

その後、叔母の家を出て、
二人だけで防空壕で暮らしますが、
14歳の清太の力だけでは
生きていけず、貯金も底を尽きます。

 

oba3

 

最後には、節子が亡くなり、
清太も駅のプラットホームで
亡くなってしまいます。

 

一方、実写版では、
叔母に焦点を当てており、
そこに清太と節子が
転がり込むという設定です。
ストーリーはどちらも同じです。

 

jissha

 

夫が戦地に行き、4人の子供と
義理の弟を食べさせながら
家を一人で守る叔母。

 

親戚だった清太の母から
お互い子供達に
何かあったら助け合いましょう

 

そう言われていたのを思い出し、
空襲でケガした清太の母に代わって
清太と節子を家で預かります。

 

しかし、物資がない時代。
自分の子供達にも
満足に食べさせられない中
生活は困窮していきます。

 

やがて、清太の母が亡くなり、
一時的に預かるだけのつもりだった叔母は
二人をずっと引き取ることに。

 

ますます生活は困窮。
しかし、そこに追い打ちをかけるように
夫が戦死した通知が届きます。

 

matushima

 

この夫の死を境に、叔母は
我が子を取るか、清太と節子を取るか
究極の選択を迫られた末、
我が子を選ぶことに決めます。

 

matushima4

 

生活の苦しさにピンと来ていない清太は
以前と変わらぬ生活を要求し、
それが更に叔母を苦しめます。

 

やがて、お互いの意見が合わなくなり、
清太が節子を連れて家を飛び出します。

 

結果、清太と節子は亡くなってしまいますが、
叔母は追い出してしまったことを後で後悔し、
二人を探しますが、時すでに遅し。

 

こうして現在の時代まで
ドロップ缶を持ち続け、叔母は
心の中で謝り続けていたというところで
物語は終わります。

 

matushima5

 

 

叔母は悪い人じゃない

 

この時代は戦後間もない混乱の時で
物資も仕事も何もない時代でした。

 

自分が食べるだけで精一杯
我が子に食べさせるだけで
精一杯の時代。

 

親戚とはいえ、孤児を
二人も引き取るというのは

自殺行為だと思われるほどでした。

 

叔母は、婦人会などで農作業を手伝い、
なんとか食べ物を調達しようとしますが、
それでも足りない、
まさにそんな時代だったんです。

 

好きで追い出したのではない。
やむにやむを得ず、究極の選択だったと
いうところが忠実に描かれていました。

 

アニメでは非常に冷酷に描かれていますが、
この実写版を観たときは
まるで世界が変わりました。

 

ひとつ視点を変えるだけで、
こんなにも違うとは….。

 

清太の家は父が軍人の上官でした。
故にかなり裕福だったので、
若干、浮世離れしているところもあります。

 

アニメでは清太のそういったところは
描かれていませんが、
実写版では見事に表現されています。

 

また叔母の末っ子の子供は
ぜん息持ちで、それも大きく
影響しています。

 

一件、正しいと思うことが、
実は間違っていたり。
間違っていると思えることが、
実は正しかったり。

 

一つの視点で観ることが
正しいこととは限らない。

 

そう教えてくれる作品です。

 

実写版には二種類あります。
この内容は松嶋菜々子さん
叔母役を演じた実写版についてです。

 

ぜひ機会があれば
一度ご覧下さい。
自分の中の視野がひとつ広がる
大きな作品です!

 

そんな火垂るの墓ですが
ジブリ作品の分が
放送されない理由や
都市伝説があるそうです。

 

その内容をまとめた
記事も書いていますので
良かったらこちらもどうぞ!

火垂るの墓が放送されない理由とは!?都市伝説っていったい何!?

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す