スポンサードリンク

猿岩石の森脇和成の現在や引退理由とは?重大発表や不仲説を暴露!

report_029 - コピー

 

こんばんはJINです!各地で梅雨明けして、いよいよ夏本番ですね!海に行きたい!BBQしたい!キャンプしたい!はい、ベタですww 今日嬉しいTVが放送されます!「しくじり先生」に懐かしい人が登場します!有吉弘行さんの元コンビ猿岩石の相方、森脇和成さんが登場します!芸能界を引退して、何年も経ってるだけにかなり楽しみです!なんでもその中で重大発表があるとかで気になりますなー!今どうしてるのか、また相方との確執などが囁かれた芸能界引退の理由など、詳細を調べてみました!

 

Sponsored Link


 

まずは森脇和成さんの
簡単はプロフィールがこちらです!

 

森脇和成プロフィール

 

saruganseki1 - コピー

 

名前:森脇和成(もりわきかずなり)

出身:広島県

生年月日:1974年8月1日

年齢:41歳

コンビ名:猿岩石

活動期間:1994年~2004年

 

 

現在はどうしてる?

 

1990年代、爆発的な人気だった
バラエティ番組「進め!電波少年」で
ユーラシア大陸ヒッチハイク横断」で一躍
有名になったお笑いコンビの猿岩石。

 

e02ef8dc

 

その後、番組でのブレイクが
きっかけでリリースされたCD
白い雲のように」はミリオンヒットとなり
その年のレコ大の新人賞を
受賞してしまうほどでした!

 

それまでのギャラが
月5万だったのに対し、
最高で2000万にまでなり
突如として有名芸能人の
仲間入りを果たすことになりました。

 

ダウンロード (2)

ミリオンをヒットしたCD
「白い雲のように」

 

しかも、この2000万!
当時、現金で手渡しだったそうで、
伊勢丹の紙袋に入れて、
渡されたそうです!!!w
スゴイ!!!見てみたい!
当時、二人21歳の時でした。

 

この頃の猿岩石の人気は
本当にすごいものがありました!

 

テレビをつければ猿岩石!
CMでも多く出演し、
どこかで必ず見るほどでした!

 

jnyear76comwpcontentuploads20130720jpg

 

しかし、ブレイク後、
徐々に二人の間に
将来に対する見解の違いは生まれ、
コンビは2004年に解散しました。

 

具体的には、お笑いを
極めていきたいとする有吉さんと
音楽、俳優、実業を
やっていきたいとする森脇さんとの
意見の違いでした。

 

126766754-1357054212_l

 

この話を聞いた時、
正直筆者は、森脇さんに対し、
良い印象を持ちませんでした。

 

もともとお笑い芸人として
デビューしたにもかかわらず、
一時のブレイクでそんな簡単に
お笑いを捨てるんだなと…。

 

確かにこの頃すでに
猿岩石は歌手としても
芸人としても人気に陰りが出て来てて、
お世辞にも売れているとは
言えない状態でした。

 

今振り返ってみると、
自分の芸人としての力に
森脇さん、人知れず限界を感じ、
色んな道を模索してたのかもですね。

 

report_029 - コピー

 

芸能界引退後は、2006年に
一般人に戻り、実業家として
株式会社スクラッチ」という会社の
専務職についていたそうです。

 

翌年の2007年には
一般女性とご結婚されましたが、
この時の結婚式には
当時の芸能関係者のみならず、
相方の有吉さんも
出席しなかったそうです。

 

やはり、解散する時に、
綺麗な終わり方を
してなかったのかもですね。

 

当時は度々、二人の不仲説が
報道されていましたし、
有吉さんもそこについては
あまり口にしたくないようでした。

 

森脇さんはその後、
2008年に同社を退社し、
2011念からは時計業界に
在籍していたそうですが、
2015年の現在はブランド輸入関連の
会社の店舗で勤務しているとのこと。

 

スクリーンショット-2015-07-10-21.56.14

 

ん~こうしてみると、
ちょっと職が転々としてますね。

 

実業家になりたいという夢も
きちんと達成できてないような
印象を受けます。

 

ひとつ引っかかったのが、
引退後に就いた仕事で
いきなりの専務職。

 

実業家を目指す為の
ステップだったのかもですが、
いきなり専務職って
ちょっと驚きました。

 

それまでお笑い一本で
やってきていたでしょうから
社会人知識や経済の知識も
それほどあったとは
ちょっと思えなかったんです。

 

ダウンロード (1)

 

実は、引退後、
実に様々な仕事を
経験されていたそうで、
その数は10数社にのぼります。

 

引退理由と相方との不仲説

 

さて、前述の通り、
相方との方向性の不一致で
解散し、芸能界を引退した
森脇和成さん。

 

しかし、キチンと双方から
記者会見などで明かされたわけではなく
あくまで発表内容がそうだったのです。

 

51PNBVT594L

 

故に本当の理由というのが
いまひとつ、分からない状態と
ファンの間でもモヤモヤ感が
あったようです。

 

どちらかというと、
二人の印象として、
有吉さんは自分の夢に向かって
突っ走るタイプ。

 

森脇さんは現実を見て、
その時その時の自分の
力量などを踏まえながら
判断していくタイプのようです。

 

どちらも大事な要素で
それぞれの個性なんでしょうが、
確かに一緒の未来を
見ていくことは難しいのかもですね。

 

saruganseki1

 

番組内で、何故、
2000万もの月収を
得られるほどの仕事を
突如辞めて引退したのか
明かしてくれました。

 

「根気がなかったんです!
ただ運だけがあったんです。」

 

猿岩石を結成し、
事務所所属の翌年に
いきなり電波少年の
オーディションに合格!

 

実はお笑い芸人という道も
特に強い夢ではなく、
有吉さんから誘われて
なんとなしに入った
世界だったそうです。

 

順風満帆と呼ぶには
あまりにも出来過ぎた
そんな道のりだったそうです。

 

「ヒッチハイク」も
お互いに意地の張り合いで
続けていたそうで
こんな裏話を明かしてくれました。

 

「どちらかがケガしたら
番組の中止になるだろうと思って
夜、カメラが回ってないところで
「ジャンケンして負けた方が
車に飛び込もう」と
はなしていました。」

 

この時、負けたのは
有吉さんだったそうで、
実際に飛び込もうとしたんですが、
やはり怖くてできず、
足の指先をひかれたそうです。

 

その後、ブレイクした後に
徐々に活動が幅広く増えましたが、
肝心のお笑いはパッとせず、
気付けば、芸人というよりも
アイドル扱いでした。

 

そして徐々に人気も下がっていき、
ここでも森脇さん、努力をせずに
芸人を続けながら、六本木で
サパークラブの副業を
始めてしまったのです。

 

そして、結果、
副業だったサパークラブを
本業にすべく、
コンビ解散となったのです。

 

hqdefault

 

しかしそれも半年で辞めてしまい、
その後、色んな仕事を
転々とする形となりました。

 

そして、最後に森脇さん。
こう伝えています。

 

「根気がなく、すぐに他に
影響を受けて道を変える人は
大成しないんです」

 

相方の有吉さんとの
不仲説での解散というよりは
やはり本人の将来への
見解の違いというのが
一番の理由だったようですね。

 

今はしっかりと
営業職について
頑張っているようなので
今度は根気強く
頑張ってほしいですねww
本人も楽しくやっているそうです!

 

重大発表とは?

 

さて、最後に
今回、番組出演に際し、
森脇さん、何やら
重大発表をするとのことで
すでにネットのニュースでも
取り上げられています!

 

その内容とは、

 

「森脇和成!
サラリーマンを辞めます!」 

 

・・・・・。え?
さっきまでの暑い
熱弁はいったい…ww

 

実は収録の前日に
会社にも退職願を
出していたそうです。

 

また、現在はすでに
離婚をされており、
お子さんとも
離れ離れでの生活だそうです。

 

今回の退職の理由としては、
この「しくじり先生」のオファーを受け、
これまでの自分の人生を振り返り、
「本当にサラリーマン」が
自分のやりたいことなのかと
疑問に思ったそうです。

 

report_011

 

ん~。
正直、今は
良い印象はないですね。

 

これまでの姿が
物語っているので
また同じことになるのでは?
という意見が一番多いと思います。

 

ただ、今回筆者が思ったのは、
なんとなく。芸能界復帰を
するのではないかということです。

 

番組の冒頭でも
「復帰ではない!」と
断言していましたが、
表舞台でないにしろ、
ADやディレクターなど、
なにかしらのテレビ関係の
仕事に就きそうな気がします。

 

今回の出演はその為の
1ステップだったような,…。

 

まぁ今あれこれ
周りが言っても仕方ないので
ここは文字通り、
「結果で出す」というのが
一番良いのかもしれません!

 

今後、再びテレビに出るのか。
裏方に回るのか。もしくはまた
サラリーマンに戻るのか。
目が離せないですな!

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す