スポンサードリンク

小林すすむの死因や嫁の病気について!複雑性悲嘆の治療法とは!?

mainImage

 

こんばんはJINです!暑い!本当に暑い!全身から汗がこみ上げて来て、ヘトヘトです。みなさんも熱中症にはお気を付けくださいね!さて、7月24日の「爆報!フライデー」に「踊る大捜査線」などでおなじみだった小林すすむさんの特集があります。残念なことに2012年に病でお亡くなりになりましたが、奥さんの小林昭子さんがその際に「複雑性悲嘆」という病にかかってしまったそうです。あまり聞きなれないこの病名。症状や治療法はどんなものなのでしょう。突然の不幸に見舞われた奥さんの壮絶な人生と感動エピソードがそこにはありました。小林すすむさんの死因と合わせて、詳細をまとめてみました。

 

Sponsored Link


 

まずは小林すすむさんの
簡単はプロフィールからご紹介いたします。

 

小林すすむプロフィール

 

img_2 (1)

名前:小林すすむ(こばやしすすむ)

本名:小林進(こばやしすすむ)

出身:長野県上田市

生年月日:1954年4月15日

没年:2012年5月16日

年齢:満58歳

 

 

小林すすむの経歴と死因

 

戦後のまだ混乱の残る1950年代に
長野県で生まれた小林すすむさん。

 

1972年、18歳の時に
ドラマ「飛び出せ!青春」で
芸能界デビューを果たして以来、
数多くの作品に出演されてきた
名脇役の代名詞です。

 

俳優業の傍ら、お笑いトリオ
ヒップアップ」を結成し、
島崎俊郎さん、川上泰さんらと共に
戦後の復興に向かう日本に

多くの笑いを届けてくれました。

 

G20120518003273080_view

お笑いトリオ「ヒップアップ」 

 

「花より団子」、「金八先生」、
「ロングバケーション」、「きらきらひかる」
などの多くのヒットドラマ脇役として登場し、
しかし、単なる脇役ではなく、
その存在感を確かに残す、
実はドラマ全体のバランスを
上手に保ってくれるそうな
そんな方でした。

 

14455493

 ドラマ「花より団子」より

 

そして、彼の代表作として
有名なのが、映画化もされ、
社会現象を巻き起こした
あの「踊る大捜査線」シリーズです。

 

ORG_20100224000001

 

深津絵里さん演じる
「恩田すみれ」さんの上司として
すみれさんを暖かく見守る役が
とても印象的でした。 

 

mig (1)

 

時にはすみれさんに
振り回されたりする姿も
逆に可愛らしく、
すみれのキャラクターを
際立たせてくれる存在でした!

 

筆者も結構小林すすむさんは
ちょくちょくテレビで観てましたが、
はっきりとすぐに思い出せるのは
やはりこの「踊る大捜査線」ですね。

 

こんな上司だったら
いいだろうな~と半分、
いや部下がすみれだと
大変だろうな~というのが半分ww

 

f0064229_13424460

 

このドラマシリーズの最新映画、
「踊る大捜査線 THE FINAL」では
惜しくもすでにお亡くなりになっており、
エンドロールの最後に偲んでの
小林すすむさんの思い出と共に
というテロップが流されました。

 

本当に「名脇役」とは
この人のことを言うのでしょう。
決して、主役にはなれないけど、
しかし、いないとドラマにならない。
そんな不思議な存在感の方でした。

 

images (3)

 

そしてそんな小林すすむさんは
2012年5月16日
に三鷹市の病院で

スキルス性胃がん肝硬変の為
お亡くなりになりました。

 

踊る大捜査線、最後まで
出演されたかったでしょうね。
筆者もこの上司役は、
小林すすむさんなくしては
ありえないほど好きだったので、
なんとしても最後観たかったです。

 

戦後の芸能界に
陰の功労者として
大きく貢献された方の一人です。

 

images (1)

 

ドラマや映画はどうしても
その主役や重要な役割のキャストに
目が行ってしまいがちですが、
こうした脇を固める方が
たくさんいてくれるからこそ、
その内容が面白くなることを
改めて教えてもらいました。

 

嫁の苦悩

 

そんな小林すすむさん、
実はご結婚の経緯が
素敵なエピソードでした。

 

1991年に関西の番組
「紳助の人間マンダラ」での
「街なかで恋人を探す」という企画で
小林さんに一目ぼれした女性と
ご結婚されたんです!

 

77667_201006290946314001277809632c

 

番組宛に彼女から手紙が届き、
お見合いをして、交際がスタート。
そのままゴールインとなりました!

 

すごいっ!!!
本当にこういうことあるんですね。
今はこういった視聴者との
接点が少なくなってきてるので
なかなかないエピソードですが、
当時はこういうのが可能だったんでしょう。

 

また、結婚後は、一人では
一切出かけなかったそうで、
外出する時はいつも
奥さんの昭子さんと
ご一緒だったそうです。

 

小林すすむさんって本当に
その人柄の良さが顔に出ていて
周囲をホッとさせるような
空気を持つ方の印象があります。

 

Kobayashi_Susumu

 

浮気とか女遊びとか一切なく、
真っ直ぐ家に帰るような
そんな素敵な方だったんでしょうね。

 

筆者ももっと小林すすむさんを
見習わないといけないなと思いました。

 

ただ、それだけ愛されていただけに
小林すすむさんの訃報には
昭子さんにとっては非常に辛く、
悲しい出来事でした。

 

急な不幸だったので
心構えもできてなかったでしょうし、
それまでの人生、常に二人で
過ごしてきたのでしょうから
そのショックは計り知れないものが
あったと思います。

 

ダウンロード (4)

妻の昭子さん(左) 

 

結果、昭子さんは
複雑性悲嘆」という
心の病を患ってしまいました。

 

複雑性悲嘆の症状と治療法

 

夫の突然の不幸に
現実を受け入れらなかった
妻の小林明子さん。

 

お二人の間にはお子さんも
いらっしゃらなかったようで
生前は仲睦まじいお二人の姿が
度々映し出されていました。

 

e50f5799_640

 

それだけに夫の存在が
自分の人生において
非常に大きな意味だった
昭子さん。

 

すすむさんが亡くなった後、
悲しむ昭子さんを励まそうと
友人の方が食事に誘うと
突然、昭子さんが
こう言ったそうです。

 

「すぅーちゃん、どこ!?
どこにもおらん!!いやぁー!!」

 

そういって取り乱すことが
多々あったそうです。

 

ダウンロード (5)

 

親しい人の訃報は
誰にとっても辛く、
耐え難いものです。

 

しかし、「時は妙薬なり」というように
悲しみというものは時間がたつにつれ、
少しずつ和らいでいきます。

 

tokeiBs

 

しかし、昭子さんの場合、
上記のように悲観する時期が
非常に長く続き、
悲しみが癒されていくことが
ありませんでした。

 

そして結果、
複雑性悲嘆」という
心の病を患っていたことが
分かりました。

 

この「複雑性悲嘆」とは
親しい人の訃報などで起きる
悲しみ、苦しみ、寂しさなどが
6か月以上たっても継続的に続き
更にそれが社会生活にも
影響を及ぼす状態に
なった時のことをいいます。

 

400xNxPAK86_atamawokakaerudansei20131223500.jpg.pagespeed.ic.46ogjMjbJD

 

「うつ状態」と非常に似ており、
治療法としては抗うつ剤や
安定剤などで気分を整え、
その後、カウンセリングを行って
自分自身の中にある感情を
ひとつひとつ整理していくことが
大事なのだそうです。

 

また、その中でも
非常に効果的なのが、
遺品整理」です。

 

故人の遺品を整理することで
悲しみのきっかけになるものを
周囲から減らすことができるのです。、

 

亡くなった人が
大事であればあるほど、
その悲しみは深く、
終わりがないように思えます。

 

筆者も祖母を亡くした時、
「もっとこうしてあげればよかった」
「あれをしてあげればよかった」と
悔やむことばかりでした。

 

しかし、ふと思ったのです。
どんなに生前、その相手に尽くしても、
やっぱり何かしら悔やまれることは
必ず出てくるのだと。

 

それはつまり、それだけ
その人を本当に大切に
思っていた証なのだと。

 

ダウンロード (6)

 

昭子さんにとって
すすむさんは本当に
かけがえのない存在だったんでしょう。

 

「愛」とは時に
本当に残酷なものです。

 

深ければ深いほど、
失った時の悲しみは大きく、
満たされれば満たされるほど、
失った時の空虚感は
計り知れないものです。

 

しかし、昭子さんはその後、
この病としっかり向き合い、
そして素晴らしい思いで
克服されました。

 

明子さんの克服法に感動

 

失意の内にいた昭子さん。
「もう生きていたくない」
「あの人のところにいきたい」
そう思っていたある日、
本の出版の話を持ちかけられます。

 

IMG_2534

 

「生前のすすむさんとの
幸せな日々を本にしませんか?」

 

そう言われ、承諾した昭子さんは
二人の思い出をひとつずつ
思い出しながら文章に綴っていきます。

 

そしてふと、あることを
思い出したのです。
それはすすむさんの
生前の言葉でした。

 

mainImage

 

「あっこ、お前は
これから自分の好きなこと、
好きなだけやれよっ!

 

俺はこれまで
自分の好きなことだけを
ずっとやってきた。
だからこれからは
俺がお前の好きなことを
全てかなえてやるからな!」

 

それまでの昭子さんにとって
自分のやりたいことというのは
夫を支えることでした。

 

「すぅーちゃんをずっと
見守り、支えることが
自分の好きなこと」

 

そして、そんなすすむさんの言葉を
思い出した時、昭子さんは
文章を綴りながらこう思ったそうです。

 

ダウンロード (7)

 

「そうね。これからは
自分の好きなことをしなきゃ!」

 

こうして少しずつ、
現実を受け止めていき、
前を向くようになったそうです。

 

すすむさん素敵ですね。
亡くなってもなお、
こうして妻を支えている。
本当に偉大な方です。

 

現在、昭子さんは
チベット体操の会」というものを
立ち上げ、活動されており、
また女優としても
芸能活動されています。

 

ヨガや気功に近い体操のようで
身体の「気」を使って、
毒素を排出したり、
自然と融合することで
精神的な安定も
期待できるものだそうです。

 

実はこのチベット体操、
非常にうつ状態の方や
昭子さんのように
複雑性悲観を患ってる方には
効果のある体操だそうです。

 

チベット体操の内容には
うつ状態を改善する為の体内物質、
「セロトニン」を多く分泌させる
効果があるのです。

 

 

ダウンロード (8)

 

「あっこ、お前は
これから自分の好きなこと、
好きなだけやれよっ!」

 

いつも昭子さんの心の中で
そう語り掛け、見守り、
支えてくれる小林すすむさん。

 

そして、そんな夫言葉を支えに
自分を奮い立たせた昭子さん。

 

愛がある故に
苦しみもありましたが、
やはり最後に救ってくれるのは
愛だということを教わりました。

 

今、筆者も含め
20代、30代世代の私達が
見習わないといけない
姿なのではないでしょうか?

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す