スポンサードリンク

佐野研二郎のパクリ疑惑や経歴について!今後や作品をチェック!

s-sato-sya2015081407-ogp_0

 

こんにちはJINです!一か月振りの更新になりました!もう9月に入って、すっかり涼しくなりましたね。さて、最近何かと騒がれている東京オリンピック問題。新国立競技場の建設問題だけでも大丈夫かな?って思ってしまいますが、更に浮上しているエンブレム盗作問題。そのデザインを担当した渦中の佐野研二郎さんですが、一体何があったんでしょう?パクリ疑惑の詳細や、経歴、また彼の作品と合わせて、今後の予定も予想してみようと思います!

 

Sponsored Link


 

まずは佐野研二郎さんの簡単な
プロフィールをご紹介します!

 

佐野研二郎プロフィール

 

lif1507250017-p1

名前:佐野研二郎(さのけんじろう)

出身:東京都

生年月日:1972年7月29日

年齢:43歳

大学:多摩美術大学

代表:MR_DESIGN INC

 

 

経歴と作品

 

多摩美術大学の
グラフィックデザイン科を
ご卒業後、博報堂に入社され、
そこからデザイナーとてのキャリアを
積み始めた佐野研二郎さん。

 

2015-08-18_000029

 

2008年には早くも独立され、
MR_DESIGN INC」を設立。
これまでに資生堂やauワン、
進研ゼミ、世界柔道2003の
ロゴのデザインなどを
担当されていました。

 

また、歌手の宇多田ヒカルさんの
代表曲「Flavor of Life」のジャケットの
デザインなども担当されており、
へぇ~!と思いました。

 

415Bj2kJB-L

宇多田ヒカル/Flavor of Life 

 

結構印象に残るデザインですよね。
でも今だにこのおにぎりの意味するものが
何なんか気になりますww

 

また世界的人気のあるゲーム機、
PSPのデザインも担当されており、
デザインに詳しくない人でも
一度は目にしたことがある
作品が結構ありました。

 

ダウンロード (2)

 

結構大きな仕事をされてきており、
今回のエンブレムのコンペでも
そういったところも
評価されたのかもですね。

 

今回、104点の作品が
エンブレムの候補として上がり、
その中から選ばれた
佐野研二郎さんのデザイン。

 

Untitled65

 

東京の「T」の文字を
イメージさせ、赤い〇は
日本国旗を思わえる
デザインとなっています。

 

新国立競技場問題で
揺れに揺れていた
東京オリンピックでしたが
エンブレムができたことで
少しホッとしていましたが、
ここで突如としてこのエンブレムに
盗作疑惑が浮上しました。

 

パクリ疑惑の詳細

 

ベルギーにある劇場が
使用しているロゴと今回の
エンブレムのデザインが
非常に似ている」とのことで
盗作疑惑が浮上しています。

 

気になるベルギーのそのロゴと
今回のエンブレムの比較画像が
こちら!

 

53b025fe

 

ん~正直筆者が見た時、
「確かに似てるといえば
似てるけど、騒ぐほどかな?」って
思いました。

 

それだったら、
TSUTAYAのロゴだって
似ているし、それも
盗作になるのでは?って
思ってしまいます。

 

newtpoint

 

会見で佐野研二郎さんも
こう述べています。

 

「盗作は事実無根!
ベルギーのそのロゴを
私は見たこともなければ、
ベルギーに行ったこともない。」

 

20150810210932sdpao

 

しかし、今回9月1日に
オリンピック委員会はなんと
この佐野研二郎さんのデザインを
使用中止にする考えを発表!

 

ええ~!!!
それって盗作を認めるってこと?

 

実は、この発表には
深い理由があるようです。

 

今回の騒動で
この佐野研二郎さん自身、
他にも盗作疑惑が
浮上していたようです。

 

ダウンロード

 

2015年8月には
サントリーの「オールフリー」の
応募シールでもらえるトートバックの
デザインに盗作疑惑が浮上し、
盗作は否定したものの、
バッグの8点が配布中止に。

 

また佐野さんもこの騒動で、
そのプロセスでのこんな内容を
認め、謝罪しました。

 

「私のデザインとして
発表&配布された景品は、
他人の作品をスタッフが
トレース(写し書き)したもので
あることが分かり、
私の管理不届きでした。
申しわけありませんでした。」

 

トレースとはデザインの課程で
行う写し書きのことだそうで、
ここからデザインが非常に
似てしまったのだとか。

 

images (2)

 

また、今回のエンブレムでも
盗作以前に佐野さんの
デザイナーとしての
モラルを疑う一件も。

 

今回のエンブレムのデザインを
「実際に使用したら、街中は
こんな感じになりますよ」という
プレゼンの写真があります。
それがこちら。

 

sanoken_pakuri-4

 

この写真。
元はこうなっています。

 

images (3)

 

実は、これ、
海外の一般の方が
撮った写真だそうで、
それを本人に許可なく
使用していた疑いが
出てきています。

 

写真をよく見ると、
人の動きなども全て一緒で
しかも、元の写真には
一般のその方が
「自分が撮ったものだ」という
いわゆるcopyrightの一文も
掲載されていたにも関わらず、
それを修正削除して、
今回、使用したことが疑われてます。

 

nvCMS_nvsp_id0000094_053_16134

 

テレビでインタビューを受けていた
プロのデザイナーは
こう話しています。

 

「通常、このように
他社の画像を使用する場合は
きちんと許可を取り、必要なら
使用料を支払って使うのがプロ。

 

無断でしかも修正したとなると
ちょっと悪質なものと
捉えなければならない。」

 

確かにこの下りが
デザイナーではない筆者でも
分かります。

 

つまり、今回の騒動は、
エンブレムだけのことではなく、
佐野さん自身のモラルのなさが
問われてきています。

 

“Œ‹žŒÜ—ց^ƒGƒ“ƒuƒŒƒ€‚ðƒfƒUƒCƒ“‚

 

オリンピックという世界舞台ですから、
国際的に見ても、今回の一件は
海外からの印象も良くないでしょうし、
大きなマイナスになりかねません。

 

更にもう一つ
解せないことが!

 

このエンブレムのデザイン、
実は原案と少し違ってるんです。

 

原案から完成版までの
画像がこちら。

 

3999b977

 

良く見ると、修正版、公表(完成形)は
白い部分が〇の形になっています。

 

これは日本国旗の〇や
オリンピックにいける公平さを
表しているそうですが、
もともと、原案にはありません。

 

佐野さんは元々原案を
デザインしていたわけで
途中で変えるということは、
委員会側から丸くするよう
修正の打診があったことが
考えられています。

 

s-sato-sya2015081407-ogp_0

 

このことに世間では
疑問の声が。

 

「コンペで佐野さんに決まったのに
決定後にデザインを変えさせるって
じゃあコンペはなんだったんだ?」

 

そうなんです。
佐野さんの作品の良さを感じて
選んだのなら修正はいらないし
修正するならどういった基準で
彼を選んだんだろうということ。

 

確かにプロの世界となると
顧客の要望で修正したり
形を変えることはあると思いますが、
コンペがあっただけに
ちょっと引っかかりますね。

 

20090221_sano01

 

盗作疑惑って一度浮上すると、
他にもあるんじゃないか?って
ここぞとばかりに探し出して
それらも盗作だって言われてしまいます。

 

他の作品の盗作については
そういった騒ぎにかこつけてというのも
感じるケースがあり、全てが
盗作だとは思いませんが、
他人の画像を無断で使用してたのは
ちょっといただけないですね。

 

今後について

 

今回、9月1日に
佐野さんのデザインの使用中止を
検討中と発表されたので、
その可能性は高いと思われます。

 

となると、じゃあ誰のデザインを
使うことになるのか?
考えられるケースが二つです。

 

images (1)

 

一つは新たにコンペを最後開き、
募集を募るというパターン。
もう一つは残りの103点の作品から
2位だった方の作品を使うというパターン。

 

ん~どっちもちょっと
スッキリしないですよね。

 

確かに普通に考えれば、
筆者個人としては2位の方のを
使うのが自然な気もしますが、
テレビでこういう意見がありました。

 

「事情があるにせよ、
結果的に1位じゃなく、
2位の作品を使うのって…」

 

「国際的な舞台だから
妥協はしてほしくないし
でも時間がないから
2位の作品になるのかな~」

 

そうなんです。筆者もそこは
ちょっと引っかかります。

 

新たにコンペし直すとなると
また時間と費用がかかるでしょうし、
かといって、2位の作品って…。

 

images (4)

 

こういったものは後世に
長く残りますからね~。

 

まぁまだ使用中止と
決まったわけではないので
今後の動きに
注目していきたいと思います。

Sponsored Link


最後まで読んで頂き、有難うございます。


この記事が面白いと思った方はイイネやツィートお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

   こちらの記事もよく読まれています

コメントを残す